島の自然や文化を守る「西表財団」設立へ 準備会が寄付呼び掛け

 
西表島・マヤグスクの滝(竹富町観光協会提供)

 世界自然遺産にも登録された西表島の貴重な自然環境や、文化・くらしの継承を目指す「一般財団法人西表財団」の設立に向けて、設立準備会(大浜知司会長)は資金となる2000万円を確保するべく寄付を呼び掛けている。

屋久島や知床にも財団

 準備会によると、近年の観光客数増加や海岸への漂着ゴミの増加などで自然や暮らしに影響が出始めており、それらの問題解決に向けた地元の専門組織として財団設立が求められている。同様の財団は、国内の世界⾃然遺産の先進地である屋久島(鹿児島県)や知床(北海道)でも立ち上げられている。

 世界自然遺産登録の前から地元関係者による会合が持たれ、財団設立の必要性を共有してきた。昨年12月に立ち上がった準備会には、⾏政機関、地元有志、関係団体、有識者などの約50人が参加している。事務局は竹富町世界遺産推進室と環境省西表自然保護管事務所が担う。

 財団では「⾃然環境の保全・管理」「⼈材の育成・派遣」「⻄表島の⾃然や社会に関する情報の蓄積・発信」など、幅広く事業を展開していく。最初のミッションとして、野生動物のロードキル対策や観光利用時のルール啓発、自然環境への影響を把握するためのモニタリングを進める予定だ。

寄付の方法は3種類

 寄付の方法は①クラウドファンディング②竹富町企業版ふるさと納税③口座振り込み―の3つ。

 クラウドファンディングは最低金額1000円から受け付けており、2000円以上の寄付は税額控除の対象となる。ふるさと納税は10万円からの受け付けで、寄付額の9割相当が同じく税額控除の対象となる。
 寄付をした人には「西表財団設立サポーター」として証書とステッカーが贈られる他、希望者に対しては寄付者として財団HPで紹介される。

 詳しくは竹富町のホームページまで。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ