どれだけ知ってる? 沖縄の魔除けあれこれ

 
十五夜に「中秋の宴」が開催される首里城

 旧暦の8月15日(今年の新暦では9月21日)と言えば「中秋の名月」を楽しむ「十五夜」だ。
 例年であれば十五夜に近い週末には、満月の月明かりに照らされた首里城正殿にて、ユネスコ無形文化遺産に登録された「組踊」が披露され、琉球王朝時代へタイムスリップしたかのような「中秋の宴」が開催される。

 糸満では旧暦の8月15日に沖縄三大綱引きに数えられる糸満大綱引きが行われ、各地域自治体も旧暦に沿った豊年祭や8月踊り、月見行事などを行う。各家庭でも沖縄の月見団子にあたる「フチャギ(小豆をまぶした餅)」を食べたり、お月見を楽しんだりすることだろう。このように、沖縄の旧暦行事において十五夜は特別な夜だ。
 しかし、十五夜前の旧暦8月8日から11日(地域によっては15日あたりまで)にかけてはマジムン(悪霊)が出やすくなると言われており、この期間に悪霊退散で爆竹を鳴らす「ヨーカビー(八日の日の意、八日火や妖怪火説もあり)」、屋敷内に植物の葉で結界を張る「シバサシ」を行う地域もある。

 そこで今回は、沖縄独特の悪霊祓いと沖縄の魔除けアイテムについて取り上げてみよう。

人魂を見つけ悪霊退散

 沖縄では昔から、マジムンが出やすいとされるこの時期の夜、地域の高台に上がり集落の家々を見渡したという。時に人魂が上がる家があったからだ。人魂が上がった家では3年以内に死者が出ると言われ、万が一見つけた場合には、その家で爆竹を鳴らし悪霊退散を行った。
 現在でも旧暦8月8日のヨーカビーに爆竹を鳴らす習わしがあるのは、辺りを彷徨っている霊を退散させるための意味がある。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の行事や観光映画などを収めた古い映像資料の修復・保存を数多く担う東京の業者がある。株…
  2.  42.195kmの道のり、厳しい坂を登り切ってのゴール。9月5日に行われた東京パ…
  3.  菅義偉首相が新型コロナウイルス対策に専念することを理由に、自民党総裁選への不出馬を表明し…
  4.  新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない沖縄。8月25日にはついに感染者数が800名を超…
  5.  沖縄が全国に実力を誇る「ハンドボール」。今回の東京オリンピック女子ハンドボール日…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組琉球海運_広告前田鶏卵国場組

特集記事

  1.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  2.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  3.  内閣府は2022年度沖縄振興予算の概算要求額を2998億円とする方針を固めた。仲井眞弘多…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ