どれだけ知ってる? 沖縄の魔除けあれこれ

 
門の両脇に置かれている「シャコ貝」は面白半分でやっているわけではない

貝も木札も実は魔除けだった

 サングヮーの他にも、T字路に設置される「石敢当」、家の屋根や門の上に据えられる「シーサー」も沖縄の魔除けとして馴染み深いが、変わったところでは、門の上にシャコ貝を鎮座させている家もある。
 これは変わった趣のある家主がいるからというわけではなくて、シャコ貝にも魔除けの力があると信じられているからなのだ。現在でも特にうるま市、津堅島などで見かける。

 沖縄の古い家屋の庭などに割と高い確率でシャコ貝が飾られていたり無造作に転がっていたりするのは、魔除けの意味があったのだ。また、漢字の「水」の形をしている水字貝を玄関や門に吊るしている光景も見たことがあるかと思う。こちらも水という形に願掛けて、火災除けや魔除けを意図して飾られているのだ。

単なる飾りではなく魔除けの意味があるのだ

 さらに、県内の古い家屋や門などに貼り付けられている、漢字が羅列された奇妙な木札や紙のお札。これは「符札」と書いて「フーフダ」と読み、家の四方や門に貼るお札型のお守りだ。屋敷の神々に家内安全や健康祈願を行うと同時に、邪悪なものを遠ざける力を持つという。県内各地のお寺や神社で発行されており、誰でも買い求めることができる。

注意しながら歩いてみると、フーフダはあちこちに見つけることができる

 このように、沖縄には昔からこれだけ多くの魔除け文化、魔除けアイテムが伝え残されており、改めて信仰のユニークさを感じる。島の文化を継承していくためにも、まずは興味本位で構わないので、魔除け儀式を気軽に実践してみてはいかがだろうか。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

池村 純

投稿者記事一覧

沖縄情報英字ウェブマガジン Okinawanderer、外国人向けライフスタイルサイト Okistyle を運営する(株)琉球プレスの代表。日々外国人と民間業者および県民との接点を作り出すコーディネーター、コンサルタントとしても活動。2018年より毎週火曜日午後7時台エフエム沖縄『Share TIME』にボス・イケムラとしても出演し、沖縄の隠れた魅力を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  新型コロナウイルスの影響で国境を越えた移動が難しくなり、沖縄にほど近い台湾との交流も未だ…
  2.  2020年から継続して新型コロナウイルスの影響を直接受け続け、2021年も大きな打撃を受…
  3.  沖縄県教育委員会が琉球王国の外交文書集『歴代宝案』を中心とした歴史資料と、沖縄戦で失われ…
  4.  沖縄初のプロ野球球団として2019年に発足した琉球ブルーオーシャンズ。しかし、新型コロナ…
  5.    去年6月に結成された県内初の社会人アメリカンフットボールチーム「琉球ガーディア…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組大寛組琉球海運_広告前田鶏卵

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ