どれだけ知ってる? 沖縄の魔除けあれこれ

 
門の両脇に置かれている「シャコ貝」は面白半分でやっているわけではない

貝も木札も実は魔除けだった

 サングヮーの他にも、T字路に設置される「石敢当」、家の屋根や門の上に据えられる「シーサー」も沖縄の魔除けとして馴染み深いが、変わったところでは、門の上にシャコ貝を鎮座させている家もある。
 これは変わった趣のある家主がいるからというわけではなくて、シャコ貝にも魔除けの力があると信じられているからなのだ。現在でも特にうるま市、津堅島などで見かける。

 沖縄の古い家屋の庭などに割と高い確率でシャコ貝が飾られていたり無造作に転がっていたりするのは、魔除けの意味があったのだ。また、漢字の「水」の形をしている水字貝を玄関や門に吊るしている光景も見たことがあるかと思う。こちらも水という形に願掛けて、火災除けや魔除けを意図して飾られているのだ。

単なる飾りではなく魔除けの意味があるのだ

 さらに、県内の古い家屋や門などに貼り付けられている、漢字が羅列された奇妙な木札や紙のお札。これは「符札」と書いて「フーフダ」と読み、家の四方や門に貼るお札型のお守りだ。屋敷の神々に家内安全や健康祈願を行うと同時に、邪悪なものを遠ざける力を持つという。県内各地のお寺や神社で発行されており、誰でも買い求めることができる。

注意しながら歩いてみると、フーフダはあちこちに見つけることができる

 このように、沖縄には昔からこれだけ多くの魔除け文化、魔除けアイテムが伝え残されており、改めて信仰のユニークさを感じる。島の文化を継承していくためにも、まずは興味本位で構わないので、魔除け儀式を気軽に実践してみてはいかがだろうか。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

池村 純

投稿者記事一覧

沖縄情報英字ウェブマガジン Okinawanderer、外国人向けライフスタイルサイト Okistyle を運営する(株)琉球プレスの代表。日々外国人と民間業者および県民との接点を作り出すコーディネーター、コンサルタントとしても活動。2018年より毎週火曜日午後7時台エフエム沖縄『Share TIME』にボス・イケムラとしても出演し、沖縄の隠れた魅力を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  8月25日告示、9月11日投開票の沖縄県知事選挙まで、残り1カ月となった。米軍普天間飛行…
  2.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  3.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  4.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  5.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ