どれだけ知ってる? 沖縄の魔除けあれこれ

 
サングヮー

霊力宿る葉で結界を張る

 沖縄の日常生活で弁当などを運ぶ際に、ススキの葉などで作った魔除けアイテム「サングヮー」をチョコっと上に乗せている光景を目にしたことがあるだろう。これは食べ物にマジムンの“悪い気”が付いて腐らないようにと願をかけて供える昔ながらのお守りだ。

 ススキはその葉の長さと鋭さから「剣」をイメージさせ、魔除けの力があるとされてきた。日本本土でもススキは昔から神の依代とされている。また繁殖力が強く土壌を再生させる能力を持ち、茅葺屋根の材料にもなっていたため、人々にとって大切な植物とされてきた。そのススキの葉1本を十字状に結んだものがサンであり、3本束ねて結んだものが「ゲーン」である。 

 さらにススキの葉3本に桑の葉を束ねて結んだものは「シバ」と呼ばれ、より強力な魔除けになるという。古来より日本や中国でも桑の木には霊力が宿るとされ、雷除けの呪文「桑原桑原」の由来は、桑の木には雷が落ちないと信じられたため、そう唱えるようになったという。
 マジムンを払うために魔除けのパワー漲る葉束シバやゲーンを家の四隅や門に刺し、悪霊が立ち入れないよう結界を張るお祓い儀式をシバサシと呼ぶ。

家屋の隅にススキの葉3本を束ねた「ゲーン」が刺されている

 近年見かけることは少なくなっているが、昔ながらの集落に行ってみるとまだまだ健在だ。ぜひ注意深く住宅の四隅をご覧になってもらいたい。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  8月25日告示、9月11日投開票の沖縄県知事選挙まで、残り1カ月となった。米軍普天間飛行…
  2.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  3.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  4.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  5.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ