サスティナブルをもっと身近に。沖縄発のオリジナルブランド「mana. ORGANIC LIVING」

 
mana. ORGANIC LIVING代表・浜村英莉さん

 「エコのイメージを、『我慢』ではなく『お洒落』に変えたい」

 そう話すのは、先日フランスから帰国したばかりの浜村英莉(はまむらえり)さんだ。浜村さんは2018年11月、ゼロ・ウェイスト(無駄・ごみ・浪費 をなくすという意味)を掲げたオリジナル製品を取り扱うブランド「mana. ORGANIC LIVING」を立ち上げた。

 「mana. ORGANIC LIVING」では、竹歯ブラシやステンレスストローなど、サスティナブルな製品をオリジナルで開発・販売し、売り上げの1%は環境保全活動をする団体(特に沖縄の珊瑚保全活動をしている団体)に寄付している。

 浜村さんが環境問題に意識を向けたのは6年前。海外に留学中知り合った外国人の、ある一言がきっかけだった。

きっかけは皮肉めいた一言

mana. ORGANIC LIVINGのステンレスストロー

 「君はマテリアリスティックだね」

 突然言われたその一言、その場ではどういう意味か分からなかった。調べてみると、マテリアリスティックとは「物質主義」つまりお金と物の所有に過度に重きを置く人、という意味だった。当時大学生だった浜村さんは、安価な洋服、いわゆるプチプラ製品を身につけていたことから「買っては捨てるを繰り返す人」という意味合いで発せられた皮肉だった。

 その一言がずっと頭に残ったという浜村さん。「気になって色々と調べてみると、私たちの日々の消費活動や選択が地球環境に大きな影響を与えていることを知りました」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  甲子園球場では高校野球のセンバツ大会がスタートし、球児たちの春が帰ってきた。一方…
  2. 飼い主様を探しています!見覚えのある方はDMまたは沖縄動物愛護管理センターのホームページま…
  3.  新型コロナの影響でタイトルをかけた決戦のリングにすら上がれなかったプロボクサーがいる。H…
  4.  卓球Tリーグチーム琉球アスティーダを運営する「琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社」と…
  5.  「コロナを経てライブはこれまでのように元通りになるはずがないと思う。ただし、良い意味で。…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組琉球海運_広告前田鶏卵国場組

特集記事

  1.  「コロナを経てライブはこれまでのように元通りになるはずがないと思う。ただし、良い意味で。…
  2. 「県の対応が短いスパンに基づいた判断での医療施策に偏りすぎており、宿泊業や観光関連業が取り…
  3. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ