美ら海だけじゃない、本部町の「水スポット」を楽しむ

 
塩味のする湧き水「塩川」

 本土の人に「ホンブ?」とよく間違われていた「本部(モトブ)町」

 しかし今では美ら海水族館を含む海洋博国立公園、備瀬のフクギ並木や瀬底島の人気も相まって沖縄観光産業を牽引する町の一つだ。本部町には、水族館の他にも「水」に関する興味深いスポットがいくつもあるので今回はそちらを紹介しよう。

 本部はもともと「今帰仁間切」の一部だったが、1666年に間切西側を中心に分離され「伊野波間切」が新設された。翌年に「本部間切」と名称を変え、明治期に「本部村」となった。1940年には本部町に昇格するも、沖縄戦の影響により1947年町北部が北本部村として分離され、本土復帰直前に再編入が行われ現本部町となった。

 現在も海洋博公園近くに沖縄戦の名残である上本部飛行場の滑走路跡がある。

世界に2つしかないレアな川

 名護から本部半島沿いに車を走らせると、名護市と本部町の境界付近に長さ約300mほどの短い川「塩川」を見ることができる。この川は海岸近くに湧き出た水が海まで流れ込む水流なのだが、不思議なことに塩川の湧き水には塩分が含まれており、昔から方言で「スガー」と呼ばれる塩の川なのだ。

 塩分が含まれる川は世界的にも非常に珍しく、ここ塩川とプエルトリコにもう1つが確認されているだけだという。沖縄が本土復帰した1972年に国の天然記念物に指定された。

 未だ詳しいメカニズムは解明されていないようだが、海水の潮位と湧き水の水量に一定の関係性が見られること、また湧き水の水量と塩分濃度にも一定の関係性が見られることから、海水がなんらかの形で湧き水に流れ込んでいるのではないかと考えられるようだ。

 さらにこうした特殊な自然環境のため、塩川には日本で唯一「シオカワモッカ」という藻が生息する場所となっている。だが塩川のすぐ裏手は広大な琉球石灰岩採石場となっており、乱開発による湧き水の水質汚染が懸念されている。

 我々ウチナーンチュも知らぬ間に開発へ加担している側になっているかもしれないが、しっかり自分ごととして考えていきたい。

赤土で濁った塩川。冒頭で透き通っていたのが嘘のようだ
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ