戦後北谷ヒストリー① 劇的な変貌の裏側

 

 地元の若者や世界各国からの観光客が集まる県内屈指の人気エリアとなった町「北谷」
 中でも美浜地区は、80年代の沿岸部海域埋め立てによって誕生した新しい街であり、現在もなお開発が進められている成長エリアで沖縄県民にとっても身近な存在ではないだろうか。しかし、北谷町がこれほど急激に目覚ましい発展を遂げた裏には、何らかの理由が隠れているはずだ。
 その知られざるヒストリーをリサーチしてみよう。

小さな町は大きな村だった

 北谷町といえば、比較的面積の小さい町というイメージがある。

 土地の広さは、県内41市町村の中で第35位と実際に小さいのだが、お隣の嘉手納町同様、町内に横たわる広大な米軍基地があることもそんなイメージに影響しているのかもしれない。戦後70年以上が過ぎた現在も、キャンプフォスター、元海軍病院のあったキャンプレスター、そして嘉手納基地と、実に町面積の50%以上を米軍基地が占めている

 しかし琉球王朝時代の北谷は「北谷間切」という今よりもはるかに広範囲に及ぶ行政区だった。野國総管で有名な野國村や千原エイサーで有名な千原、軽便鉄道最北の駅「嘉手納駅」もあり、現在の嘉手納町自体も戦前までは北谷村の一部だったのである。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  1月15日、16日に実施された今年の大学入学共通テスト。その傍ら、新型コロナウイ…
  2.  沖縄を代表する人気観光スポット「海洋博公園」の正式名称は「国営沖縄海洋博覧会記念公園」だ…
  3.  こんにちは。沖縄で芸歴10年目のお笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当「首里の…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう…
  5.  県内では年を越して新型コロナ感染が再拡大している。高校や特別支援学校など県立学校…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組琉球海運_広告前田鶏卵大寛組

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ