ニッキーのToday’s Lesson!②「コロナ禍イングリッシュ」

 

 沖縄とアメリカの両方にルーツを持つ「島ハーフ芸人」ニッキーが、日英バイリンガルの強みを活かして「沖縄で効果的に使える、沖縄にいるから使いたい英語」を紹介していくこのコーナー。
 第2回目のテーマは「コロナ禍イングリッシュ」です。なんで「ステイハウス」じゃなくて「ステイホーム」なのか、みなさんはご存じですか?

Today’s Lesson「コロナ禍イングリッシュ」

 沖縄で増える新型コロナウィルス陽性者により重なった緊急事態宣言。沖縄でも緊急事態宣言が解除になりましたが、それでもまだ油断を許さない状況です。
 この状況が続く中、コロナ禍でこれまで聴き馴染みのなかった英語がを耳にする機会も増えたんじゃないでしょうか?

 「ステイホーム」「ソーシャルディスタンス」「フィジカルディスタンス」「ワクチン」「クラスター」「オーバーシュート」「ロックダウン」「ブレイクスルー」「レムデジビル」

 新しい英語が多すぎる!!

 「ソーシャルディスタンス」と「フィジカルディスタンス」!?何が違うの!?
 そう思っている方は少なくないと思います。そして意味がわかっていなくても、わかっているような顔でその言葉を聞き流す。

 ニッキーにはバレてますよ。

 外国人が多い沖縄だからこそ、その疑問を放置せず、この機会にその疑問を解決しましょう!
 より理解を深めることで、今は物理的な距離は離さないといけないかもしれませんが、心の距離は近づくはずです。

どうして「ステイ“ホーム”」?

 コロナ禍になってよく聞かれる英語の質問があります。その英語を紹介しつつ、皆んなも気になった事があるであろう疑問を解決しましょう。
 まずは、ステイホームという言葉。ハウスじゃなくてなんでホームなの?ステイハウスじゃないの?と。

 とってもいい質問です。

 ホームとハウスの違いをお伝えします。ホームは人が住んでいる状態の家をいいます。ハウスは人が住んでいない、建物を指す時に使う言葉です。
 ステイホームは人がうちにいる状態、なおかつ「帰る場所」という意味も含む温かみがある言葉なので「ステイホーム」という言葉が使われます。

 他にもよく聞かれる質問は「ソーシャルディスタンス」と「フィジカルディスタンス」の違いは何?です。
 ソーシャルは社会的という意味、フィジカルは身体的という意味、ディスタンスは距離。
 社会的ではなく身体的な距離を置くのが正しいのではないのかという理由で、フィジカルディスタンスという言葉が生まれました。ですがソーシャルディスタンスという言葉が既に世界で広まっていて、そっちの方が使われているという形になっています。
 でもアメリカ人は細かい所は気にしない方も多いのでどちらでもオッケー。アメリカ人は英語に対してテーゲー(適当)な所が結構あるんですよ(笑)

発音上達ワンポイントレッスン

 ここで英語の発音が上達するワンポイントレッスンをしましょう!
 日本語の外来語にも同じ言葉があるけど、ちゃんとした英語で言うと結構発音が違う英単語ってありますよね。
 その中の一つが「ワクチン」です。英語の発音だとVaccine(ヴァッシーン)という言い方になります。全然違いますよね!

 「ワクチン」とは全く違う単語を言うイメージで「ヴァッシーン」と発音してみてください。うちなーのおばぁが「アイスウォーター」じゃなくて「アイスワーラー」とネイティブに話すレベルで発音ができてくると思いますよ!

会話の中で

 では最後に会話の中で今日の英語をおさらいをしてみましょう。英語を使ったケビンと金城の会話です。ぜひ、声に出してレッスンしてみてください。

ケビン:After I get my vaccine, I will visit Okinawa.
(アフター アイ ゲット マイ ヴァッシーン、 アイ ウィル ビジット オキナワ)
ワクチンを打ったら、沖縄に行くよ。

金城:Social distance for now, but our heart is close.
(ソーシャルディスタンス フォア ナウ、 バット アワー ハート イズ クローズ)
今はソーシャルディスタンスで距離は離れてるけど、心の距離は君の近くにあるよ。

 どうですか?言えましたか?
 素晴らしい!皆さんの声が僕まで聞こえてきましたよ!!

 世界のウチナーンチュ大会の延期で、世界中にいるウチナーンチュや家族が沖縄に来れなくなって寂しい思いをしている方も多いと思います。ですが、リモートが一般的になった現在、今は会えないけど世界中にいる人とつながり合えることができます。英語を勉強してみて、英語が母国語のウチナーンチュや家族にコンタクトを取ってみてはいがでしょうか。
 僕のコラムでそのお手伝いができれば幸いです。

 さぁ恐れずにどんどん英語を使って一緒に英語のマスターになりましょう!今回のイングリッシュレッスン参加いただきサンキューベリマッチ!

Print Friendly, PDF & Email

ニッキー

投稿者記事一覧

沖縄とアメリカのハーフの「島ハーフ芸人」。
ハワイ生まれ沖縄育ち。インターナショナルスクールで学んだ英語力を生かしながら、お笑い芸人として活動する。
司会、モデル、ものまね、学校を回っての英語レッスンなど、メディアにも出演しながらマルチに活躍中。芸を磨くために沖縄と東京を行き来しており、ゆくゆくはワールドワイドに活動するのが目標。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  3.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
  4. 「やっと外で飲めた~」「お店での生ビールは格別!乾杯ー!!」  10月2日の夕暮れ時…
  5.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組前田鶏卵琉球海運_広告大寛組

特集記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  3. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ