世界各地50ヶ所「同時演舞」 エイサーで繋ぐ沖縄の心

 
世界同時演舞を行う琉球國祭り太鼓=8月7日、那覇市の国際通り(琉球國祭り太鼓沖縄本部提供)

 沖縄県内最大の創作太鼓集団「琉球國祭り太鼓」。2009年から「地球は舞台」をテーマにエイサー世界同時演舞「エイサーページェント」を実施している。沖縄の文化を世界に発信し、「新たなる感動の創出」に取り組むこのイベントは、参加者から高い評価を得ている。県外、海外の取り組みと共に紹介したい。

沖縄を代表する創作太鼓集団

 年齢性別を問わず多くの人にエイサーを体験してもらい、その感動を知ってほしいという思いからはじまったエイサーページェント。

 沖縄県内外、そして海外に支部がある「琉球國祭り太鼓」が年に一度、全支部で取り組むイベントとして毎年継続し、世界各地で例年約4,000人が同時に太鼓を打ち響かせている。

 毎年8月に那覇市国際通りで「夏祭りin那覇 1万人のエイサー踊り隊」の開催日に合わせて行われるエイサーページェントは今年、8月7日の日本時間午後1時半から沖縄県内外はもちろん北米・中南米5カ国を含む約50ヶ所以上をインターネットで繋ぎ、同時演舞を始めた。

 琉球國祭り太鼓の代表曲である「ミルクムナリ」「滝落し」「琉球」「六調節」の4曲を演舞する様子が生で動画配信された。

39都道県から参加、エイサーで感動

 長野県では、国宝に指定されている松本城で開催。今年は16名が出演した。四季を通じて多くの観光客が訪れる人気観光スポットに太鼓の音が響き渡り、足を止めて見るお客さんの姿があった。

 一般参加者をチラシやポスター、新聞記事などで募り、下は3歳から、上は64歳までが約2ヶ月間の練習を重ねて本番を迎えた。

松本城で同時演舞を行う長野支部のメンバーと一般参加者(長野支部提供)

 娘が3歳の時から参加しているという30代の女性は「毎年夏になると娘がエイサーをやりたいと言うようになって参加しています。子どもが楽しんでいる姿を見られるのは嬉しいです」と親子で参加できる喜びを話す。

 50代の女性は「参加して演舞することが楽しくて仕方ない。ページェントのために、この日のためにここまでやるという目標があることがやりがいであり、達成感が得られて良い」と喜んだ。

 一度参加したらエイサーが楽しくて癖となり、毎年参加の常連の参加者もいるほど、長野県では今や夏の定番イベントになっている。

南米では真夜中から出演

 日本の反対側のアルゼンチンでは、12時間の時差があるため、真夜中の1時半からの出演だった。季節は真冬で、温度6度と寒い中で行われた。

 今年は、琉球國祭り太鼓ブエノス・アイレス支部とフロレンシオ・バレーラ支部の他、ロサリオ市の「流心ロサリオ太鼓」、コルドバ市の「コルドバ太鼓」がそれぞれの会場からリモートで参加し、58名が同時演舞に出演した。

アルゼンチン国内の4会場をつないだリモート映像の様子(アルゼンチン支部提供)
アルゼンチンでのエイサーページェント の様子=バレーラ日本人会(アルゼンチン支部提供)

 アルゼンチン支部の瀬底アレハンドロ地区長(32)は「エイサーページェントは毎年メンバー皆で楽しみに待っているイベントです。去年は少人数だけで、メンバーは1人で自宅から繋がる形になったため、今年は一緒にこのように世界中の人々と同時にエイサーを踊る事が出来てとても嬉しかったです」と喜びを伝えた。

 その隣国、ボリビアでは真夜中24時半からインターネットを通じて14人がオンラインで出演。ボリビア支部のリベラ彩未支部長(18)は「エイサーページェント でエイサーとは何か、そして自分はなぜエイサーが好きなのかを改めて感じました。同時刻に太鼓を響かせ、地球が舞台になる瞬間がとても素晴らしく思います」と感動を共有した。

 同時演舞が行われた場所は以下。

【国内】沖縄、北海道、福島、長野、新潟、福井、群馬、栃木、茨城、千葉、埼玉、東京、神奈川、愛知、岐阜、三重、静岡、京都、滋賀、奈良、兵庫、和歌山、香川、徳島、愛媛、広島、山口、福岡、長崎、大分、宮崎、熊本、天草、佐賀、鹿児島(39都道県40地域)

【海外】メキシコ、ボリビア、ペルー、アルゼンチン、ロサンゼルス、マサチューセッツ、ハワイ(5カ国7地域)

Print Friendly, PDF & Email

安里 三奈美

投稿者記事一覧

ボリビア在住5年、2児の母。フリーライターとして観光や沖縄県系コミュニティーについてWEBや紙媒体で執筆、寄稿等を行う傍ら、家系図や家族史・自分史の制作会社の代表も務める。2011年に県系の若者をつなぐネットワークを構築、県系若者が集う大会を世界各地で開催。2015ミスうるま。著書に「刻まれた21cm」(文芸社)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ