ニッキーのToday’s Lesson!④沖縄とハロウィンの関係

 

 沖縄とアメリカの両方にルーツを持つ「島ハーフ芸人」ニッキーが、日英バイリンガルの強みを活かして「沖縄で効果的に使える、沖縄にいるから使いたい英語」を紹介していくコーナー。

 今回のテーマは「ハロウィン」です。ハロウィンはアメリカの有名なイベントの一つですね。沖縄では昔ベースに入ってお菓子をもらいに行ったなーという記憶がある方もいるはず。近年は日本でもメジャーなイベントになっています。

 今日はハロウィンを通してアメリカの文化を学びながら、英語をレッスンしていきましょう。ハロウィンで使えるフレーズや現在のハロウィンの流行などもお伝えします!

ハロウィンはもともと沖縄にもあった?

 何?ハロウィンは若者が仮装をして、騒いでるだけのイベントなんだろう?って。NO,NO,NO. それだけじゃないんです。個人的にはそういうParty Yeah!なイベントも嫌いはないですが。

 まずは、ハロウィンは一体どんなイベントなのかお伝えします。

 今書いたように、日本ではパーティーピーポーな若者が騒いでいるイメージが強いと思いますが(僕も昔パーティーピーポーでした。ウソです、今もパーティーピーポーです。コロナ禍でお休みしているだけです)、日本のような状態は世界的に見たら普通ではないんです。アメリカ人から見たら「Why!? Japanese people!!」(ホワイ!? ジャパニーズ ピーポー!!)な感じなんです。

 ハロウィン文化があるアメリカでは、どちらかというと子供が楽しむイベントなんです。大人がハロウィンパーティで仮装をして楽しむこともありますが、めちゃくちゃ騒ぐというよりかは遊びで仮装をしようという感覚なんです。

 ハロウィンは本来は秋の収穫を祝うヨーロッパ発祥のお祭り。先祖の霊を迎えると同時に悪霊を追い払うお祭りでした。

 沖縄にも似たイベントがありますね、旧盆。そう!お気づきの方もいるはず、旧盆はウチナー版ハロウィンなんです。

 これで一気にうちなーんちゅの皆さんは親近感が湧いたはず!

 それぞれの国は違う文化を持っているようですが、共通しているポイントを見つけたら面白いですね。だから本来のハロウィンの形はうちなーんちゅのみんなは理解するのは難しくないはず。

 ハロウィンでは仮装をして悪霊を追い払っていました。その仮装の文化が残って、仮装イベントとして世界中に広まったんですね。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  2. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  3.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  4.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…
  5.  年末が差し迫ってきて「そろそろ大掃除の時期だな…」と感じ始めている人も多くなっている今日…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ