ウクライナ侵攻と全て戦争に反対を 音楽と言葉で沖縄から声を上げる

 

 「反戦の声を上げること」「多くの人に情報を伝えること」「考え続けること」――。

 ロシアのウクライナ侵攻を受けて緊急開催されたイベント「NO WAR ピースライブ沖縄」に出演したスピーカーやアーティストたちが「今自分たちに出来ること」として繰り返し訴えた。

 ウクライナだけでなく、世界各地で起こっている戦争も含めたあらゆる暴力に抵抗して、立場の異なるさまざまな人のスピーチや音楽を通して平和について考えることを主旨とした今回のイベント。
 県内外で活動するアーティストや県内の学生たちに加え、在沖ミャンマー人会のメンバー、そして在沖ウクライナ出身者のアラ・コバルチュークさんも登壇し、現地の今現在の状況とそこで暮らす家族を案じる自身の心境についてスピーチした。

「弟は戦場の最前線にいる」

「沖縄も戦争の苦しみを経験したから、ウクライナの今の状況を理解してもらえると思っています」

 そう切り出したアラさんは、故国ウクライナの南部にある都市・ヘルソンがロシアの軍事的制圧下におかれ、その中で両親と弟の家族が暮らしていることを説明した。弟は兵士として戦争の最前線で戦っているという。

 侵攻が始まった当初はインターネットを介したビデオ通話も出来たが現在は繋がりにくくなった中で、なんとか断続的に現地と情報のやりとりをしている。アラさんの家族は水道も止まった中で、井戸から水を汲んで生活を続けているという状態だという。

故国ウクライナの厳しい現状についてスピーチするアラ・コバルチュークさん

こんな事態になった当初、自分の家族と国に起こっている事実を理解することがとても困難でした。本当に21世紀の今起きてることなのかと。国に戻って助けたい、とも思いましたが出入りすることもできませんし、家族からは『危ないから来るな』と言われました」

 あまりの出来事に直面し、「現地の人たちはもっと苦しい思いをしている」と考えつつも、アラさんはしばらく眠れず、食欲も失ってしまった。現在も日がな一日家族や友人の安否確認する日々が続いている。

 そんな中で「沖縄にいる自分に何が出来るか」と自問自答し、世界中から反戦の声を上げるために「ウクライナの情報を伝えることが今の私に出来ることだと思いました」とステージに上がった理由について話した。

 アラさんは夫の比嘉啓勝さんとともに支援団体「沖縄ウクライナ難民救済協会」を立ち上げており、自費での負担となる渡航費やその後の生活に必要な支援のために寄付を募っている。現在は比嘉さんが経営する「デイサービス愛」(北中城村)に窓口を設置しており、今後は社団法人化も検討中だという。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ