世界のウチナーンチュの日 今年も世界中でお祝い開催

 

 10月30日は「世界のウチナーンチュの日」。世界27ヶ国から過去史上最多の約7400人が参加した第6回世界のウチナーンチュ大会(2016年)の閉会式で、故人・翁長前知事と県系3世の「2人のアンドレス」によって宣言された。

 比嘉アンドレスさんはアルゼンチンの県系3世、伊佐正アンドレスさんはペルーの県系3世。世界中のウチナーンチュが心をひとつにお祝いできる日をつくりたいと制定に尽力してきた。現在では世界各地で様々な祝いの催しが毎年この記念日を中心に開催され、アイデンティティーや文化の継承に貢献している。2人のアンドレスの制定までの道のり、世界各地の取り組みを紹介する。

世界中のウチナーンチュがお祝いできる日を

カウントダウンを行う2人のアンドレス

 2人は名桜大学の留学生として知り合い、記念日として皆んなで祝う「世界のウチナーンチュの日」を制定したいと考えた。

 2人はその思いつきを即実行に移す。名護市在の2人は、早速名護市議会に要請し、名護市議会はただ賛同しただけでなく、県に要請した。話はトントン拍子に進み、世界のウチナーンチュ大会のフィナーレで宣言することになった。当初は翁長知事のみで宣言することになっていたが、知事の提案で2人のアンドレスも呼ぶ事になった。

 そして2016年に行われた第6回世界のウチナーンチュ大会閉会式の10月30日を「世界のウチナーンチュの日」に制定した。翁長知事と比嘉さん、伊佐さんは以下のように宣言した。

 ‘’我々は今日、世界のウチナーンチュのみなさんに伝えたい。(省略)5年の時を経て、今日、また、世界中からウチナーンチュが集い、心が一つになった。ウチナーンチュがウチナーンチュであることを祝おうではないか。
 ふたたび世界中からウチナーンチュが集まった今日10月30日を祝い、「世界のウチナー ンチュの日」としようではないか。今日10月30日を「世界のウチナーンチュの日」とし、この誇りを我々ウチナーンチュの 魂に刻み込もうではないか。
 ここに、誇りを持って宣言します。今日は、「世界のウチナーンチュの日」です。今日は、めでたい「世界のウチナーンチュの日」です。おめでとう、世界のウチナーンチュ。
 いっぺーにふぇーでーびる。サンキュー ベリー マッチ。ムチャスグラシアス。ムイトオブリガード。ちばらなやーさい。頑張ろう’’

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
  2. 沖縄県議会
     開会中の沖縄県議会9月定例会は21、22日と代表質問が行われた。11人の県議が質問に立ち…
  3.  11月までに予定される衆院選を前に、沖縄県内の政局に波紋が広がっている。辺野古の基地建設…
  4.  「年中ビーチバレーが楽しめる沖縄に移住して、ちょこっと6人制バレーもやれたらいい…
  5.  沖縄の行事や観光映画などを収めた古い映像資料の修復・保存を数多く担う東京の業者がある。株…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵大寛組琉球海運_広告国場組

特集記事

  1.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  2. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
  3. 文部科学省
     教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許更新制度…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ