世界のウチナーンチュの日 今年も世界中でお祝い開催

 

 10月30日は「世界のウチナーンチュの日」。世界27ヶ国から過去史上最多の約7400人が参加した第6回世界のウチナーンチュ大会(2016年)の閉会式で、故人・翁長前知事と県系3世の「2人のアンドレス」によって宣言された。

 比嘉アンドレスさんはアルゼンチンの県系3世、伊佐正アンドレスさんはペルーの県系3世。世界中のウチナーンチュが心をひとつにお祝いできる日をつくりたいと制定に尽力してきた。現在では世界各地で様々な祝いの催しが毎年この記念日を中心に開催され、アイデンティティーや文化の継承に貢献している。2人のアンドレスの制定までの道のり、世界各地の取り組みを紹介する。

世界中のウチナーンチュがお祝いできる日を

カウントダウンを行う2人のアンドレス

 2人は名桜大学の留学生として知り合い、記念日として皆んなで祝う「世界のウチナーンチュの日」を制定したいと考えた。

 2人はその思いつきを即実行に移す。名護市在の2人は、早速名護市議会に要請し、名護市議会はただ賛同しただけでなく、県に要請した。話はトントン拍子に進み、世界のウチナーンチュ大会のフィナーレで宣言することになった。当初は翁長知事のみで宣言することになっていたが、知事の提案で2人のアンドレスも呼ぶ事になった。

 そして2016年に行われた第6回世界のウチナーンチュ大会閉会式の10月30日を「世界のウチナーンチュの日」に制定した。翁長知事と比嘉さん、伊佐さんは以下のように宣言した。

 ‘’我々は今日、世界のウチナーンチュのみなさんに伝えたい。(省略)5年の時を経て、今日、また、世界中からウチナーンチュが集い、心が一つになった。ウチナーンチュがウチナーンチュであることを祝おうではないか。
 ふたたび世界中からウチナーンチュが集まった今日10月30日を祝い、「世界のウチナー ンチュの日」としようではないか。今日10月30日を「世界のウチナーンチュの日」とし、この誇りを我々ウチナーンチュの 魂に刻み込もうではないか。
 ここに、誇りを持って宣言します。今日は、「世界のウチナーンチュの日」です。今日は、めでたい「世界のウチナーンチュの日」です。おめでとう、世界のウチナーンチュ。
 いっぺーにふぇーでーびる。サンキュー ベリー マッチ。ムチャスグラシアス。ムイトオブリガード。ちばらなやーさい。頑張ろう’’

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  2. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  3.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  4.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…
  5.  年末が差し迫ってきて「そろそろ大掃除の時期だな…」と感じ始めている人も多くなっている今日…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ