書評『ヤンキーと地元』(打越正行著、筑摩書房)

 

 本土復帰以前は「一号線」と呼ばれた主要幹線道路の国道58号線は、特に若者たちの間では「ゴーパチ」「ゴッパチ」と称される。

 一時期に比べ沈静化したとはいえ、今も週末の夜になるとマフラーを改造したオートバイが台数を連ねて疾走する。といっても、特攻服に身を包み大型車を駆る訳ではなく、中型二輪以下の小ぢんまりした車列が多いようだ。

調査のため“パシリ”として弟子入り

 著者の打越正行氏は、彼らに接触を試み“パシリ”として弟子入りし、2007年から調査を開始。「眼鏡をかけたナイチャーの大学生(実際は大学院生)」は、コンビニの駐車場で地べたに座り込み、週末の夜は彼らの後ろを原付で追走、スポットではギャラリーとなってアオり、動画の撮影係も買って出る。

 著者が調査で出会った暴走族少年らは、大きく分けて建設現場と性風俗店を生業にしているか、するようになる(「第二章 地元の建設会社」「第三章 性風俗を経営する」)。なんらかの形でそこで挫折したり居場所を無くした者は、“キセツ”と呼ばれる期間工として本土に渡ったり、街金の取り立て屋になったり、はたまたパチンコの“打ち子”やオレオレ詐欺の“出し子”などスレスレのレッドゾーンを行くケースもある。

 本書は、沖縄の少女の貧困問題に本格的に光を当てた『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち』(上間陽子著、太田出版)、さらに本サイト7月9日付で掲載した「書評『夜を彷徨う 貧困と暴力 沖縄の少年・少女たちの今』琉球新報社」の2冊と対をなす、青少年版と言える。上間氏との共同調査(聞き取り)も収録されている。

 文化人類学などで調査対象の民族をフィールドワークする際、その村に住み込んで寝食を共にするのが一般的だ。社会学者の著者は「参与観察」という手法で、車列を追走するだけでなく、慣れない建設現場で共に汗を流す。

〈現場には、釘が飛び出た桟木や角材がそこかしこに落ちていた。作業をしながら、いつか釘を踏みぬいてしまうだろうと、あきらめにも近い気持ちになる。(中略)初日から三〇分の残業だった。釘を踏みつけることなく、一日の仕事が終わって、心の底からほっとした。これまでの、どんな仕事の後にも味わったことのない爽快感があった〉

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ