32軍壕の遺骨調査を 「ガマフヤー」具志堅さんが講演

 

 沖縄戦犠牲者の遺骨をボランティアで収集する「ガマフヤー」の代表・具志堅隆松さんの講演が10月17日に那覇市の沖縄県総合福祉センターで開かれた。「ガマフヤー」とは「ガマ(壕)を掘る人」の意味で、具志堅さんは遺骨を家族や故郷に帰すため、長年ボランティア活動を続けている。具志堅さんは首里城地下の第32軍司令部壕や、遺骨収集の現状などについて説明した。講演は第32軍司令部壕の保存・公開を求める会の学習会の一環として開かれた。

遺骨収集について講演する具志堅さん

沖縄戦壕は「戦闘遺跡」

 具志堅さんは首里城地下の第32軍司令部壕について「全体の発掘確認はされておらず、中央の通り抜け部分は遺骨確認の調査をすべきだ」と主張した。沖縄戦では地上戦が展開されたため、壕は「戦争遺跡ではなく、戦闘遺跡」だと指摘し、まだ内部に遺骨が眠っている可能性を示唆した。その上で、平和学習の教材として32軍壕の保存と公開を強調した。

 また、首里城再建に関連して「負の側面を含めた歴史を考え直す必要がある」として、琉球王朝期に過酷な税が課されていた宮古・八重山・与那国など県内離島にとって、首里城がどのように捉えられているのかに配慮する必要性も提示。「離島の人たちが炎上消失について、我々と同じように悲しんでくれるのか、という疑問を持つことも大切じゃないか」と指摘した。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  2.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  3.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  4.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…
  5. 「観光のお客さんは戻ってきてはいますが、従業員の人材確保がかなり困難な状況です。手が足りず…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ