32軍壕の遺骨調査を 「ガマフヤー」具志堅さんが講演

 

 沖縄戦犠牲者の遺骨をボランティアで収集する「ガマフヤー」の代表・具志堅隆松さんの講演が10月17日に那覇市の沖縄県総合福祉センターで開かれた。「ガマフヤー」とは「ガマ(壕)を掘る人」の意味で、具志堅さんは遺骨を家族や故郷に帰すため、長年ボランティア活動を続けている。具志堅さんは首里城地下の第32軍司令部壕や、遺骨収集の現状などについて説明した。講演は第32軍司令部壕の保存・公開を求める会の学習会の一環として開かれた。

遺骨収集について講演する具志堅さん

沖縄戦壕は「戦闘遺跡」

 具志堅さんは首里城地下の第32軍司令部壕について「全体の発掘確認はされておらず、中央の通り抜け部分は遺骨確認の調査をすべきだ」と主張した。沖縄戦では地上戦が展開されたため、壕は「戦争遺跡ではなく、戦闘遺跡」だと指摘し、まだ内部に遺骨が眠っている可能性を示唆した。その上で、平和学習の教材として32軍壕の保存と公開を強調した。

 また、首里城再建に関連して「負の側面を含めた歴史を考え直す必要がある」として、琉球王朝期に過酷な税が課されていた宮古・八重山・与那国など県内離島にとって、首里城がどのように捉えられているのかに配慮する必要性も提示。「離島の人たちが炎上消失について、我々と同じように悲しんでくれるのか、という疑問を持つことも大切じゃないか」と指摘した。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  県振興推進委員会は29日、新たな沖縄振興計画の骨子案を決定した。県土の方向性として、「地…
  2.  沖縄民謡とシンセサイザーを融合した音楽を作詞作曲、CMや番組のテーマ曲などを提供し、リゾ…
  3.  2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た"冬の沖縄"を素直な視点で描い…
  5.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ