【速報】県議ら10人が新型コロナ陽性 先島視察後に

 
沖縄県議会
沖縄県議会

 県議会事務局などによると、10月23日、県議会の沖縄・自民党会派の県議9人がPCR検査で陽性となり、新型コロナウイルスに感染していることが明らかになった。22日に陽性が確認された座波一県議とあわせて会派に所属する県議19人のうち10人が感染する事態となった。

 23日、陽性が確認された県議は、以下の9人。

新垣淑豊
島尻忠明
西銘啓史郎
大浜一郎
又吉清義
末松文信
中川京貴
照屋守之
仲田弘毅

 沖縄・自民党会派の県議ら18人は10月18日から21日までの日程で、先島地方(与那国・石垣・宮古)に視察に赴いており、20日夜には宮古島市内の飲食店で会食をしていたことが明らかになっている。宮古から那覇にはJTA564便で戻ったという。

 また、視察に向かった県議一行18人のうち、陽性が判明した10人を除く8人のうち7人については、PCRの結果、陰性が明らかとなっており、残る1人については24日に検査結果が出る予定だ。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  「このままでは、沖縄の貨物ハブに未来はない」  全日本空輸(ANA)の幹部…
  2.  9月25日、「ゆいレール」を運行する第三セクター「沖縄都市モノレール」は、3両編成の車両…
  3.  “沖縄の新たなエンターテインメント”を開拓すべく旗揚げから8年目を迎えた「琉球ドラゴンプ…
  4.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
  5.  15世紀の琉球で誕生したともいわれる空手。県が掲げる「沖縄空手振興ビジョン」によると、世…

特集記事

  1.  「このままでは、沖縄の貨物ハブに未来はない」  全日本空輸(ANA)の幹部…
  2. 沖縄鉄軌道 沖縄ニュースネット
    「2019年度末に着工できるよう、取り組みを加速していく」  7年前、当時の仲井真弘…
  3.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ