日給10円で何でも受けます!出会いを重ね「世界中に友人を」

 

 SNSの普及によりオンラインでのコミュニケーションが増えた現代で、オフラインで繋がることにこだわりを持ち、「世界中に友達をつくりたい」という目標に本気で取り組んでいる男性がいる。“日給10円”で何でも依頼を受け、多くの人々と出会い続けている「時間商人くにゆー」さんだ。

 2020年1月にこの活動を始めたくにゆーさんは、筋力トレーニング指導、悩み相談、お店の手伝いなど、2020年9月現在までに約90件、多ジャンルの依頼を受けており、当面の目標は日本全国で1000件の依頼を受けることだ。それに向けて10月下旬、日本一周の旅をスタートさせる。将来的には「キッチンカーで全国を走る子ども食堂」というプロジェクトを通して全国各地の人を巻き込みたいと話す。

世界中に友達をつくりたい

 中学時代から、日本や世界を周りたいという想いを持っていたくにゆーさんは、いつか旅をする時に世界各地に友達がいることで、より充実して楽しさを深めることができると考えた。
 人と出会うためのきっかけ作りはどのようにしたらいいだろうと考えていた時、 友人に紹介されたのが、1日50円で何でも屋をして実際に生活している「ホームレス小谷」さんの活動だった。最初の依頼額は50円だったかもしれないが、ひたむきに何でも打ち込む小谷さんは多くの信頼や感謝、支援を集め、衣食住には困らない生活をしていた。

 くにゆーさんは動き出した。ツイッターを通して小谷さんに連絡を取った。自分も同じような活動がしたくて、許可を得たかったからだ。
 「人との出会うためのきっかけとして、時間商人の活動をしようと思っています」
 しばらくして、ホームレス小谷さんから返事が来た。答えはシンプルだ。
 「最高!」

 この瞬間、1日10円で何でもする「時間商人くにゆー」が誕生した。

 なぜ10円なのか。なぜ50円でも100円でもないのか。
 「財布の中見たら、いつも10円玉がたくさんあるんですよね」
 誰の財布にもいつも入っている10円玉なら、誰でも自分に依頼ができると考えた。もう一つ理由がある。
 「値段は極力安く設定したいんですが、『無料』や『1円』だと、安すぎて遠慮してしまうと思うんですよ。でも、10円で買える何かってあるじゃないですか。例えば、お菓子とか。だから、10円で何かを買い物することには抵抗がないのかなと思いました」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
  2.  15世紀の琉球で誕生したともいわれる空手。県が掲げる「沖縄空手振興ビジョン」によると、世…
  3.  華やかな松坂世代が誕生した1998年、沖縄最強のチームと言われながら、甲子園で1勝もでき…
  4.  沖縄の30〜40代男性に「沖縄で印象に残っている野球人は誰ですか?」と質問すると、必ずと…
  5.  白・赤・青カラーのミニスカートワンピースに、夏らしさを感じさせるサンバイザー。「真夏にビ…

特集記事

  1. 沖縄鉄軌道 沖縄ニュースネット
    「2019年度末に着工できるよう、取り組みを加速していく」  7年前、当時の仲井真弘…
  2.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
  3.  北谷町砂辺。国道58号の嘉手納基地第一ゲート前から一つ路地に入った住宅街にミットを叩く乾…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ