“食”で沖縄盛り上げる「ハッピーモア市場」(宜野湾市志真志)

 
たくさんの野菜や果物が並ぶ店内

 所狭しと並べられる県内外の農作物。添えられた手書きのポップにはダイナミックな文字で野菜や果物の名前と味、おすすめの調理法などが分かりやすく書かれている。女性スタッフたちの威勢ある声が気持ちよく響く宜野湾市志真志の「ハッピーモア市場」は、地元の人たちの口コミで利用者を徐々に増やし、時代に合わせて新しい取り組みをしながら客層を広げている。無農薬で安全な品質の野菜を地道に売り続けて利用客の信頼をしっかりと掴み、現在のコロナ禍での集客・売り上げ増につなげた。店長の大湾絵梨子さんは「野菜、そして食を通して沖縄のために自分ができることをしていく」という信念の下で、人と人との繋がりを重要視しながら邁進している。

手作りのポップには野菜の情報と野菜への愛情がぎっしり

ここでしか出逢えない

 「ここだけにしかない ここでしか出逢えない」。店舗入り口の看板に書かれているキャッチフレーズだ。ハッピーモア市場では、小規模農家からの農作物を積極的に入荷しているため、ハーブやスパイス類はじめ、野菜でも見慣れないものが並んでいる。かつては県内で一定数消費されていたが、大型スーパーでの流通が一般的になる中で、店頭から姿を消していった島野菜。そういった日頃あまり食べる機会のない野菜の使い方や食べ方を、スムージーにして加工するなど、積極的に工夫して提案している。数年前には、ウェルカムドリンクならぬ「ウェルカムスムージー」で客を出迎え、少しでも味見してもらうきっかけを作り、その試みが商品化につながった。「サクナ、ヨモギ、二ガナなど、栄養価がとても高い県産の野菜を効果的に摂りながら、同時に親しんでもらえる方法をとにかく考え続けてます」(大湾さん)。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  2.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  3.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  4.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…
  5. 「観光のお客さんは戻ってきてはいますが、従業員の人材確保がかなり困難な状況です。手が足りず…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ