“食”で沖縄盛り上げる「ハッピーモア市場」(宜野湾市志真志)

 

人とのつながり大切に

「人と人とのつながりを大事にしていきたい」と語る店長の大湾さん

 大湾さんがハッピーモア市場で働き始めたのは2011年。それまで大阪で靴のバイヤーとして働いていたが、沖縄に戻ってきた際に「実家から徒歩圏内だったから」という理由で就職を決めた。店舗の場所が非常に分かりにくく、しばらくの間は客の呼び込みに苦労した。大湾さんは「チラシ配りから始めた。広告費もない状態で、社長と2人で店番することもあった」と振り返る。農作物の種類が少なくなる夏場は、商品がなさ過ぎて客を返すこともままあったという。そんな中で、大阪での商売のノウハウを活かし、客の目を引き付けるディスプレイを日々考え、ポップも自作。社長とともに全国の様々な店を巡り、どのような店を目指せばいいのか、自分のビジョンを固めていった。「商売では“売り方”は同じ。靴が青果に変わったと思えばいい。野菜には賞味期限がありますけど」

 こうした日々の地道な積み重ねを続け、地元住民を中心に少しずつ口コミが広がるようになった。現在も継続していることだが、とにかく客とのコミュニケーションを大事にした。たくさんの会話を重ねていく中で、台風で店舗がダメージを受けた時には、客からの提案で募金が集まり、復旧の助けになったという。大湾さんは「本当にありがたかった」と目を細める。そして「ハッピーモアがこの場所に根付いてきている」と肌で感じたという。

 今後はコロナ禍の状況を考慮しながらではあるが、農家と連携して客も巻き込みながら県産野菜についての新しい発見や魅力を発信していく形を模索しているという大湾さん。「やりたいこをやっている若い農家さんの思いを受け止められる場所を作りながら、たくさんの人、特に若い世代が食に関心を向けるようになきっかけ作り続けたい」と強調する。「人と人のつながりが生まれていくことがとてもうれしいし、楽しい。多方面での繋がりと信頼関係を築いて、もっともっと沖縄の食を盛り上げていきたい」と目標を語った。

店舗入り口

<店舗情報>

・ハッピーモア市場

・営業時間:10:00~18:00

・定休日:日曜日

・電話番号:098-896-0657

・住所:宜野湾市志真志1-247-1

・Instagram:https://www.instagram.com/happymoreichiba_official/

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組前田鶏卵琉球海運_広告大寛組

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ