誰にどんな価値を提供するのか 沖縄観光の「質」向上に必要なこと(2)

 
沖縄観光の質向上を巡って議論するパネリストたち

 沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)が3月1日に那覇市内で開いた観光人材育成・確保促進事業シンポジウム。沖縄観光の質向上について考えるためのパネルディスカッションでは、パネリストとして基調講演の講師も務めた「株式会社 刀」のシニアパートナー・加藤健史氏、星野リゾート沖縄読谷事業所の総支配人・澤田裕一氏が登壇し、モデレーターをOCVB会長の下地芳郎氏が担った。

 ディスカッションでは、これまでのように大々的には県外客を呼び込めないコロナ禍の現状で取り組めることやアフターコロナの展望、さらには加藤氏が携わる沖縄北部テーマパーク事業にも話題が及んだ。
 

【関連記事】誰にどんな価値を提供するのか 沖縄観光の「質」向上に必要なこと(1)

今だからこそ地元の魅力再発見を

 下地芳郎氏(以下、下地):コロナであまり身動きが取れない今この時期、観光業界が何に取り組むべきかお聞かせください。

 加藤健史氏(以下、加藤):現在観光事業を通してサービスを提供できるのはやはり地元のお客様だと思います。今携わっているテーマパーク事業について地元の方々と話をした時、大自然をテーマにしていることをお話しすると「沖縄の自然にどんな価値があるのか」という質問を受けてすごくびっくりしました。
 沖縄の自然、特に山原の自然だと、真っ直ぐ立ってる木があまりない。逆に本土の木はほとんど真っ直ぐ立っているので、旅行者からすると山原の木を見た瞬間に非日常のスイッチが入るんですね。
 でも、もしかすると地元の皆様にとってはよくある風景の中の1つで、その価値が感じられないということもあるのかもしれないですね。こうしてみると、地元の方々が普段接している沖縄の中に改めて価値を再認識するポイントは他にもあって、そこで県内の人たちに改めて魅力に気付いてもらうように取り組むのもいいかもしれません。

本土とは植生が違う沖縄の緑(今帰仁村)

 下地:確かに、昨年末に開催した「おきなわ彩発見キャンペーン」では、県民から「新しくできた観光施設に行く初めての機会になった」などのコメントを多数聞きました。今加藤さんが話したように、今の間にそれぞれの事業者が県民に対してどうアピールをするのかということも、観光業界の人たちが試されていることなのかもしれません。
 澤田さんの方からは。

 澤田裕一氏(以下、澤田):しばらくの間は自粛ムードが続くでしょうが、後の緩和に合わせて、アフターコロナを見据えて動く必要があると思います。
 加藤さんの話とも通じるところですが、我々(星野リゾート)も、地域の方も含めてたくさん沖縄の方に来てもらいました。正直、こちらとしては沖縄の人たちにとっては少し物足りないのかなとも思ったのですが、実際には「沖縄のものを使ってこんなに素敵にしてもらってありがとう」と感謝の言葉を頂いたりもしたんです。
 県産の食材を使ったコース料理も、今までこんな料理の仕方をしたことがないという感想も頂いたりしました。その意味では、改めて沖縄の方にも沖縄の再発見をしてもらうというのは良いかもしれません。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ