純利益総額2年連続前年割れ 沖縄県企業ランキング

 

 東京商工リサーチ沖縄支店は5日、2020年度(20年4月~21年3月)の県内法人企業利益ランキングを発表した。当期純利益(税引き後当期利益)が2000万円以上の企業数は前年度比2.1%減の1022社、利益総額は同14.1%減の1294億3715万円となり、2年連続で企業数、利益総額ともに前年度を下回る結果となった。

 業種別では、公共工事、民間工事ともに堅調だった建設が、利益総額、企業数ともにトップとなった。建設の利益総額は、前年度比27億258万円増の304億8951万円で5年連続1位。全体に占める割合は23.6%だった。企業数でも、同39社増の411社で初めて400社を超え過去最高となったほか、全体に占める割合でも40.2%で、初めて4割を超えた。

 同支店は、建設が好調な要因について、ホテルやスーパーなどの民間工事のほか、宮古島市総合庁舎やキャンプ・シュワブなどの公共大型工事を取り込んだことなどを挙げた。

 一方で、ホテルは新型コロナウイルスの感染拡大により、入域観光客数が減少した影響で、対象企業が前年度の14社から1社のみとなった。利益総額は前期26億952万円から25億1459万円減少し、9493万円となった。

 業種別の1社あたり平均利益額のトップは、スーパー・デパートなどの6億5779万円で、次いで、金融・保険・リース・クレジット・証券・信用保証の6億3914万円、3位はエネルギーの4億4674万円と続いた。最少はその他製造の6784万円。

 同支店の担当者は、21年度の見通しについて、新型コロナの影響による半導体不足や、世界的な資材不足での価格高騰などを踏まえ「利益を圧迫したり、売り上げが下がれば利益も減る可能性がある」と話した。

 最も利益が大きかったのは、3年連続で沖縄セルラー電話。次いで2位は沖縄電力、3位はサンエーなどとなった。

3年連続で沖縄県内企業利益ランキングトップとなった沖縄セルラー電話

 実質増益企業(伸び率0%を含む)は、前期黒字で今期も増益した企業(554社)と、前期赤字からランク入りした企業(103社)を合わせて、計657社だった。同ランキングは、東京商工リサーチ独自の調査に基づいて入手した数値をデータベース化、直近の決算数値を基に分析したもの。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ