GWの沖縄訪問、昨年の2.6倍に OCVBが見通し

 

 沖縄県の観光振興などを担う県の外郭団体「沖縄観光コンベンションビューロー」は4月28日、ゴールデンウィーク(GW)期間中の入域観光客数が約21万3000人になるとの見通しを発表した。昨年度同時期の約8万2000人に比べると2.6倍に上っており、まん延防止等重点措置や緊急事態宣言のない“旅行可能のお墨付き”が数字に表れた格好だ。

離島便が好調

 GW期間を4月29日から5月8日としている。羽田空港と県内各離島を結ぶ直行便の予約率は70%台で、堅調だという。ホテルの稼働率についても宮古・石垣地区が沖縄本島地区に比べて高くなっている。

依然としてコロナ前の半数程度

 今年度の4~6月の3カ月間(第一四半期)での入域観光客数の見通しは4月が約44万人、5月が約37万人、6月が約38万人の計約119万人。沖縄県人口の約146万人に届きそうなほどの人出となることが予想されている。

 コロナ禍以前で、国内外から多くの観光客が訪れていた2019年度には、4~6月に約246万人が訪れていた。今年度は当時の半数程度に持ち直す形だ。

5月以降は回復の見通し

 沖縄観光コンベンションビューローはホテルや航空会社からのヒアリングを基にしながら「ウィズコロナにおける経済活動再開の動きが活発になっている。特にGW明けに実施が予定されているGO TOトラベルキャンペーンにより5月以降の入域客数は回復する見通し」としている。

Print Friendly, PDF & Email

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  2.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  3.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  4.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で5連覇を果たし、5月13日には年間王者を争うチャ…
  5.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…

特集記事

  1.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  2. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  3.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ