オリオンが缶チューハイ「WATTA」で県民ソウルドリンクとコラボ

 
左・沖縄森永知念良明社長、右・オリオン早瀬京鋳社長

 沖縄県のアルコール飲料と言えば、琉球泡盛とオリオンビール。600年の歴史を誇る泡盛と、軽い飲み心地が南国にぴったりのオリオンビール。どちらも沖縄が誇るアルコール飲料である。

 そのオリオンビールが、沖縄県民のソウルソフトドリンク沖縄森永「ヨーゴ」と協同開発し、「WATTA(ワッタ)ヨーゴサワー」を2月24日から全国発売することになった。

 1957年創業のオリオンビールは、2019年に経営を一新、「県民のビール」というアイデンティティーを守りながら新しい商品開発を行ってきた。

「なんだ?この飲み物は」から始まったコラボ

 消費者にとって一番の衝撃だったのは、19年5月に缶チューハイの発売を始めたこと。その名も「WATTA」(ワッタ)。ワッターとは沖縄の言葉で「私たち」を意味する。沖縄ならではの素材にこだわり、その魅力を発見する楽しさや喜びを感じられるブランドとして、「私たちのお酒、私たちの美味しさ」と誇りを感じられる商品を目指して開発されている。〝私たちの〟とはいえ、県外でもWATTAは人気が高く、特に女性から「飲みやすい」と好評だ。

 缶チューハイを発売してから1年後には「沖縄のおいしい!を、たのしい!に」というコンセプトのもと、商品ラインアップとパッケージデザインをリニューアル。通年商品の4フレーバーに加え、2ヶ月に一度の限定商品も継続的に発売している。めまぐるしい展開に驚かされる。

 2月24日新発売の「WATTAヨーゴサワー」は、およそ60年にわたって愛されてきた沖縄森永の「ヨーゴ」の乳酸飲料水とのコラボレーションだ。

新発売WATTAヨーゴサワー
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  初めて出場した九州地区大学野球選手権南部九州ブロック決勝トーナメントで初勝利を納め、準決…
  2.  奄美大島勢初の快挙。第149回九州高校野球鹿児島大会(県高野連主催、朝日新聞社など後援)…
  3. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  4. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  5.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組国場組前田鶏卵琉球海運_広告

特集記事

  1.  11日に東京都内であったプロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)。沖縄出身選手では亜細…
  2. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  3.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ