オリオンが缶チューハイ「WATTA」で県民ソウルドリンクとコラボ

 

 オリオンビールの代表取締役社長・早瀬京鋳(はやせ・けいじゅ)氏は、県外出身で、沖縄に赴任した時に、スーパーに並ぶ、本土では見たことがないヨーゴに、「なんだ?この飲み物は?」と気になっていたそうだ。周りの人たちに聞き取り調査をすると、「子供の頃から飲んでいました」とか「沖縄の人はみんな知っている」という声があがり、いつか協同開発をしたいと望んでいた。その思いに社員、技術スタッフが応え実現した。

 早瀬社長は「ひとえに森永さんに感謝。オリオンは〝県民を笑顔に〟がミッション。沢山の試作に取り組んで、数千株の乳酸菌の中からシールド乳酸菌が選ばれた。身体を気遣う〝大人のためのヨーゴ〟が出来ました」と満面の笑みで紹介した。

 一方、沖縄森永乳業株式会社の代表取締役社長・知念良明(ちねん・よしあき)氏は、「近年、ヨーゴの消費者は40代の男性が多い。その世代にはこの新商品を飲んで、あの日、あの頃を思い出しノスタルジックに浸ってほしい。WATTAの消費層の20~30代には、改めてヨーゴを購入していただけるきっかっけになってもらえたら嬉しい」と相乗効果に期待した。

これはどんどん進んでしまいそう

 さて、WATTAヨーゴサワーはどんなモノなのか?まず、缶の上部にはヨーゴの紙パックデザインが施され、中央に「沖縄生まれの」と記されている。肝心な味はどうか・・・グラスに注ぐと・・・「ヨーゴ」らしいほんのり甘い香りが漂う。口に含めると炭酸の爽やかさが広がり、のどごしは滑らか。後味は甘みが残ることもなくさっぱりしていて、ほのかにシトラス系の香りが鼻から抜ける。アルコール度数3%というだけあって、これはどんどん進んでしまいそうだ。

 ターゲットは20、30代女性だそうだが、「夕食後、子供の頃を懐かしく思い出しながらのんびりと飲んで欲しい」とのこと。アルコールが弱い筆者でもちょっと飲んでみたくなる味である。

オリオンビールのラインナップの一部

 昨年6月から発売されている限定商品も今回で5種類目となるが、WATTAヨーゴサワーの限定数は12300ケース。全国展開で通販も取り扱う。昨年発売された、A&Wコラボ商品「エンダーオレンジ」と読谷村いちごコラボ商品「いちごスパークリング」は早々に完売になったこともあり、今回も完売必死。興味のある方はお早めにお試しあれ。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

相羽 としえ

相羽 としえ

投稿者記事一覧

愛知県生まれ。東海ラジオアナウンサーからフリーアナウンサー&ライターに。スポーツニッポン、中日スポーツなどのスポーツ記者を経て、2017年沖縄与那原町に移住。3年間地域おこし協力隊として与那原の情報発信に務めた。現在もまちづくりなど様々な情報を発信中。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  県振興推進委員会は29日、新たな沖縄振興計画の骨子案を決定した。県土の方向性として、「地…
  2.  沖縄民謡とシンセサイザーを融合した音楽を作詞作曲、CMや番組のテーマ曲などを提供し、リゾ…
  3.  2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た"冬の沖縄"を素直な視点で描い…
  5.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ