演者目線で“基盤”を作る フリーランスつなげる「レフトステージ」

 

「文化、エンターテインメント、アートに関わる人たちが不条理にさらされず、社会の役に立つようきちんとした環境を構築したい」

 今年1月から始動した株式会社レフトステージは、主にエンターテインメント業界に携わる人たちを互いのニーズに合う形でつなげて仕事を生み、それがひいては表現活動(=アート)への社会的な評価の底上げ、認識の更新に至るようなプラットフォームの構築を目指している。
 CEOの大坪敏雄さんは元役者、COOの久保田真弘さんは現役のミュージシャンだ。現場の現実を身をもって知る“プレーヤー目線”で、社会貢献も射程に捉えながらサービス基盤の構築を見据える。

業界継続の新たな形を模索

CEOの大坪敏雄さん

 東京で役者をしていた大坪さんは、15年前に沖縄に移住。役者を辞めた後も演劇に携わる中で、大きな収容人数の劇場からいわゆる“小箱”も含めた全国の演劇業界全体の玄関口となるようなポータルサイトの必要性を感じ、事業の着想を得た。現在「シアトレ」と名付けてシステム開発を進めている。
 チケットの大手発券会社ごとでのサービスはあるが、小劇場で手売りしている規模だと、演劇好きな観客でもなかなか情報にたどり着けなかったり、チケットが買いづらかったりする現状について「チケットの電子購入化はシステム上可能。手売りでやっているような劇場だったりすると、むしろ電子化するとコストカットもできるし、拡散も容易になるので、メリットは大きい。何より、演劇を見る機会自体が増える可能性につながる。この辺は自分のファン心理でもあると思います」と話す。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ