~社会貢献の入り口に~高校生の「卒業記念献血」

 

 コロナ禍は医療を支える献血の現場にも多大な影響を及ぼしている。九州・沖縄8県では、移動採血車(バス)の行く先の約12%を占める高校や大学などでの献血が、去年4~11月の間で270台分中止となったことで、学生の献血が一昨年の同期間より9565人減少した。その中でも新型コロナ感染防止対策を取り、かつ学校側に理解を求めながら、沖縄県赤十字血液センターでは高校3年生を対象にした卒業記念献血を行っている。

10代の献血 平成元年から4分の1に

 血液は人工的に造れず、長期保存ができない。かつ交通事故などに限らず、がんの手術や治療などにも必要不可欠だ。しかし10代から30代の若い世代では献血者の人数が減っている。沖縄県内の10代で見ると、平成元年度には延べ約16000人だったのが、平成18年~令和元年度は約4000人台で横ばいの状況が続いている。献血未経験者にとっては痛みや血を採られる不安といったネガティブなイメージが強いようだ。一方で献血経験者からは、社会の役に立っている、立ちたいという声が目立つ。初回のハードルを越えると、継続して協力する人の数も多いようだ。

なぜ”高校献血”か

 県赤十字血液センターでは毎年1~2月、卒業間近な3年生を対象にした高校での学校献血を行っている。センター献血推進課の赤嶺廣幸(あかみね ひろゆき)さんは、コロナ禍でも今年は44校(去年は50校)で実施の協力を得られたことへの感謝とともに、学校献血の大切さを語った。

 「友達同士で参加できる環境をつくることで、献血参加への後押しとなるように、そして一度経験することで(ハードルを低くして)進学や就職をした先でも継続して協力してもらえるようにしたいと考えています」

県赤十字血液センター赤嶺廣幸さん

 協力してくれた人にはプロバスケ琉球キングスの試合チケットプレゼントなど、新たな工夫もしている。

高校生「不安だったが人の役に立ちたい」

 取材当日の2月4日は県立首里東高校で卒業献血が行われた。事前に献血の大切さや若い世代の協力者が減っているという現状を授業で紹介されたということで、「痛さや血を抜かれることに不安はあったが、人の役に立ちたいと思った」という初参加の3年生がほとんどであった。もちろん強制ではなく、約1時間の取材の間に採血車を訪れた生徒は10人余りだった。

 また「どこでどの時間に献血ができるか知りたい」という声もあった。日本赤十字社では”ラブラッド”という、献血後にweb登録した人を対象に予約などができるサイトを開設している。こうした広報も行われている学校献血が、高校生の社会貢献の入り口としてより多くの人に知られるようにと、関係者による地道な活動が続いている。

■献血Web会員サービス「ラブラッド」
https://www.kenketsu.jp

Print Friendly, PDF & Email

吉田鉄太郎

投稿者記事一覧

読谷村出身。県外放送局勤務後、帰郷しFM沖縄・FMよみたん情報番組パーソナリティー、RBCスポーツキャスターなどを経て、現在はQAB報道部にてスポーツを中心に記者業務に携わる。ヴォーカリストの妻とバトントワリングに励む娘と元気に楽しい3人暮らし。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  初めて出場した九州地区大学野球選手権南部九州ブロック決勝トーナメントで初勝利を納め、準決…
  2.  奄美大島勢初の快挙。第149回九州高校野球鹿児島大会(県高野連主催、朝日新聞社など後援)…
  3. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  4. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  5.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告前田鶏卵大寛組国場組

特集記事

  1.  11日に東京都内であったプロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)。沖縄出身選手では亜細…
  2. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  3.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ