沖縄プロ野球・琉球ブルーオーシャンズ 2年目のキャンプイン

 

 気温22度、真っ青に澄み渡った空の下、2019年に発足、昨年から始動している沖縄のプロ野球チーム「琉球ブルーオーシャンズ」が8日、八重瀬町の東風平野球場でキャンプインした。

 チームとして、選手としてNPB(日本野球機構)参入を目指し、さぁこれからだと旗揚げした1年目の昨シーズンは、誰もが想像しなかった新型コロナウイルスが蔓延、感染防止の影響で全ての試合が無観客となり、計画していた遠征での交流戦など全く出来なくなってしまっていた。

 試合感が作れない、選手のプレーを見てもらえない。苦しみもがく一方で、時間を利用してドリル(反復練習)強化や体力トレーニングなどを徹底的に行い、苦手な技術の克服や身体作りが出来たことは収穫に繋がった。

 1シーズンが終了し、10月に行われたドラフト会議では、NPBからの指名を期待された選手がいたものの、残念ながら声は掛からなかった。コロナ禍ということもあり、若い選手を指名する球団が多い傾向だったことから、2年目のチームを編成するためのトライアウトでは年齢を重視、新人12名を選出(2月8日現在)し、27名の選手で2年目のシーズンのスタートを切った。

NPBに参入する目的を持って

 指揮を執る清水直行監督は始めに「ここにいる意味を自覚してほしい。ここで満足する人はいないはず。各選手NPBに参入する目的を持って戦ってほしい」と選手たちに声を掛けた。

 練習はアップ、キャッチボール、ベースランニングなどから始まり、班ごとに分けて打撃、守備、走塁練習、最後は体幹トレーニングなどおよそ5時間行った。練習後、清水監督は「コロナ禍の中で、ユニフォームを着て野球が出来ることにありがたい」と、まずは笑顔で今日の日に感謝の言葉を述べた。

 そして「野球熱の高い沖縄で、最後まで無観客の試合しか出来ず、見てもらえなかった悔しさをグラウンドに出して欲しい。今年は九州独立リーグに参加して、県外との試合は勝つこと、沖縄県内での企業やクラブチームとの試合には強化と育成を目的として、メリハリをつけて戦っていきたい」と今シーズンのテーマを語った。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  8月25日告示、9月11日投開票の沖縄県知事選挙まで、残り1カ月となった。米軍普天間飛行…
  2.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  3.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  4.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  5.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ