バスケW杯アンバサダーに元MVPのパウ・ガソル氏就任 沖縄など3カ国開催

 
今夏に沖縄などで開催されるバスケW杯のグローバル・アンバサダーに就任したパウ・ガソル氏(©︎FIBA)

 今年8~9月に沖縄、フィリピン・マニラ、インドネシア・ジャカルタの3都市で開催されるFIBAバスケットボール男子ワールドカップ(W杯)において、米国NBAの元スター選手であるスペイン出身のパウ・ガソル氏がグローバル・アンバサダーに就いた。ガソル氏は日本開催だった2006年のW杯でエースとしてスペインを優勝に導き、MVPに輝いた同国のレジェンド選手だ。今後、世界中で大会のプロモーションを行う。

NBAレイカーズでは故コービー・ブライアントと2連覇

 ガソル氏は母国スペインリーグの名門FCバルセロナでプロデビューし、その後19シーズンに渡ってNBAでプレーした。現在日本代表の八村塁選手が所属する名門ロサンゼルス・レイカーズにいた2008-09、09-10の両シーズンには、不慮の事故で20年に41歳の若さで亡くなったNBAスーパースターの1人である故コービー・ブライアントと強力なタッグを組み、連覇を果たした。

 スペイン代表として国際大会での活躍も顕著で、3回出場したW杯では2006年のMVPのほか、14年のスペイン開催時にも「オールスターファイブ」に選出された。5回出場したオリンピックでは、銀メダル2つ、銅メダル1つを獲得。21年の東京オリンピックを最後に、現役を引退した。

沖縄に来県する可能性も…

スペイン代表として様々な国際大会で活躍したパウ・ガソル氏(©︎FIBA)

 アンバサダーについては、ガソル氏と同じくNBAや国際大会で活躍した強豪国アルゼンチン出身のルイス・スコラ氏の就任も既に決まっている。それを念頭に、ガソル氏は「バスケットボールのレジェンドたちの素晴らしいチームの一員となれること、さらに真のレジェンドであり、また一番てごわいライバルでもあったルイス・スコラと一緒に大会を盛り上げられることは、本当に光栄です」とコメントした。

 今後、2人は4月29日にマニラで行われる組み合わせ抽選会や世界各地でのプロモーションに参加する予定。開催地の一つである沖縄に来県する可能性もありそうだ。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…
宮古毎日新聞

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ