今こそ喜納昌吉① 隣人だった『ハイサイおじさん』の過去

 

 「すべての武器を楽器に」―。1974年に米国ワシントンD.C.でのコンサートで口を突いて出たフレーズは、世界平和を希求するミュージシャン・喜納昌吉を表す象徴的なものとなった。『ハイサイおじさん』の誕生に秘められた思いや、突然演歌『富士山Japan』を出した理由とは。6月23日の慰霊の日を前に、改めて平和に対する思いや、音楽家・政治家としての活動を振り返ってもらう。

音楽家・喜納昌吉、登場

 5月某日。本人が経営する那覇市牧志、国際通り沿いのライブハウス「チャクラ」に喜納氏は現れた。前日にお店に出向いて関係者にアポの相談をしてから翌日の取材だ。フットワークは軽い。

 「どうもどうも」と、テーブルに直接置くように差し出した名刺。そのど真ん中に潔くゴシック体で印刷された「音楽家 喜納昌吉」の文字が、存在感を放つ。

 奇しくも沖縄はコロナ禍による緊急事態宣言の真っ最中だった。チャクラも閉店中だ。
 「開けようと思ったら閉めないといけなくなって、その繰り返し。もう何回準備したか分からんよ」。今は薄暗くなった店内には、テーブル上に配信ライブ用の機材がセッティングされ、月に一度の活躍のタイミングを待っていた。

ハイサイおじさんは、どんなおじさんだったのか

 「ハイサイおじさん ハイサイおじさん 夕びぬ三合ビン小 残とんな」―。喜納の最初の作品であり、代名詞的な曲の一つに数えられる『ハイサイおじさん』のシングル版がリリースされてから、45年が経った。沖縄県内だけで30万枚を売ったというから、沖縄が日本人口の1%と言われることを考えると、単純計算で国内3000万枚を売ったのにも匹敵するような大ヒットだった。沖縄の人なら誰でも分かる“県民曲”ともいえる。

『ハイサイおじさん』のシングル盤(画像引用:http://hiptankrecords.com

 この曲を作ったのは喜納が13歳の時、1961年のことだった。シングルカットされる前、父・昌永のアルバム収録曲としてレコーディングされたのが69年。喜納は陶芸に例え「13歳の時に粘土で形を作っておいて、8年寝かして窯に入れたわけさ」と語る。

 この「おじさん」にはモデルがいる。さて、どんな人物だったのか。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ