祈りと願いを舞台化した神楽の舞 烏丸ストロークロック公演「祝・祝日」

 

 小ぶりのシンバルのような和楽器「銅拍子(どうびょうし)」が作り出す一定の甲高い音に、木桶にくくりつけた弓の弦を叩く不思議な楽器の打音が混ざって生まれる律動。そこにチェロの旋律とノイジーな装飾音が絡む中で、激しく身体を動かして一心不乱に踊る舞手たち。

 去る5月16日、那覇市のアトリエ銘苅ベースで京都の劇団・烏丸ストロークロックによる初の沖縄公演『烏丸ストロークロックと祭 祝・祝日』が上演された。東北各地の土着芸能である神楽をひたすらに舞い、「祈り」と「願い」の行為と場を共有する試みだ。前日の15日に公開ゲネプロが行われ、その様子を取材した。

日常から解放されるエネルギー

「普段の暮らしでは当たり前のように頭を使ってますが、舞台で必死に身体を動かして舞い続ける俳優に対峙した時、日常から一旦離れて、頭が解放される。舞のエネルギーには人を無条件に感動させるものがあると思うんです」

 こう語るのは烏丸ストロークロックの代表で、劇作と演出を手がける柳沼昭徳さん。劇団が神楽の研究と実践に取り組んだのは、東日本大震災被災地の取材をする中で神楽団に出会ったのがきっかけだったという。始めは演劇の中に入れ込んで上演していたが、長い歴史と奥深さを持つ神楽そのものと向き合い深化していくため、内容のアップデートを重ねながら現在の公演は神楽の舞のみのパフォーマンスとなっている。

 公演では、5つの演目が次々と披露された。神を降ろすために場を清める「鳥舞」では2人の女性の舞手が流麗でしなやかに舞い、続く「三番叟」では老人の姿をした“もどきの神”がコミカルな動きを見せ、この演目中には“ご当地アレンジ”で琉球音階に寄せた旋律での伴奏もあった。3番目は男性2人が弓矢を放って魔を払う「八幡舞」で、次いで五穀豊穣を助ける「山の神舞」。そして、祝詞に合わせて速さと複雑さと荒々しさを最も激しい動きで体現する「諷誦の舞」が最後を飾った。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ