興南が4年ぶり夏の甲子園 沖尚に7-1、全国高校野球選手権沖縄大会決勝

 

 第104回全国高校野球選手権沖縄大会は17日午後、那覇市奥武山町の沖縄セルラースタジアム那覇で決勝を行い、興南が沖縄尚学を7-1で下して4年ぶり13度目の夏の甲子園出場を決めた。沖縄大会の優勝は14度目。甲子園に出場する全国49校のうち、興南は一番乗りでの出場決定となった。沖尚は2年連続の出場を阻まれた。

 全国選手権は8月3日に抽選会が行われ、6日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。

投打に安定感 復帰50年の節目で代表に

 試合が動いたのは3回裏。興南は1死1、2塁から1番・仲程雄海が高めに浮いた変化球を初球で捉え、右中間への適時二塁打で先制。続く長田悠も鋭い当たりで1、2塁間を破り、2点を追加した。沖尚はエースで先発の吉山太陽から東恩納蒼に投手を交代したが、打線の勢いは止まらず、興南はこの回に一挙5点を奪うビッグイニングとなった。

 諦めない沖尚は5回表、先頭バッターの9番・金城良輔が中前打で出塁し、犠打で送って2死2塁の好機をつくる。ここで3番・知花慎之助が適時左前打を放ち、1点を返した。

 しかし、興南は6回裏に9番・照屋寛晟と仲程の連続タイムリーヒットでさらに2点を追加。守りでは、この回からリリーフした右腕エースの生盛亜勇太が最速147キロの直球を武器に被安打2、四死球なしの安定した投球を見せ、追加点を許さずに逃げ切った。

 興南の我喜屋優監督は「沖縄の本土復帰から50年。その節目の年に、ひと暴れしたい」と力強く語った。

 興南の沖縄大会の勝ち上がり成績は以下。

1回戦   対 沖縄工業    11-0(5回コールド)

2回戦   対 宜野座     不戦勝

3回戦   対 ウェルネス沖縄 5-1

準々決勝 対 宜野湾     5-0 

準決勝  対 KBC未来      6-4(延長12回) 

決勝   対 沖縄尚学    7-1

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ