お笑いバイアスロン覇者・プロパン7インタビュー「沖縄の笑いをブランドに」

 

 コントと漫才の両方で沖縄県内の“お笑い総合王者”を決める賞レース「エッカ石油 お笑いバイアスロン2020」の決勝が8月29 日、那覇市のタイムスホールで開かれ、プロパン7(エンターサポート所属、2003年結成)が敗者復活戦から勝ち上がった末に初優勝を果たした。

 今年で8年目を迎えたこの大会は、在京の一流放送作家が審査員を務めることでも知られ、毎年QABで生中継される。

 プロパン7のじゅぴのり(長嶺慶典)とけいたりん(上原圭太)は、高校野球のコントで敗者復活を勝ち抜け、決勝の2本にkiroroに扮したコント、台風中継の漫才を引っさげ、栄光をつかみ取った。

 新人時代から一貫して大切にしてきたことは“目の前の観客を相手を笑わせ、自分たちが満足できるネタをやりきる”ということだった。優勝から約1カ月。改めてこれまでの道のりなどをリモート取材で聞いた。

「お笑いバイアスロン2020」の決勝進出者らと映る王者・プロパン7(前列中央、提供)

敗者復活を勝ち抜けると「テレビで3本ネタができる」

―優勝おめでとうございます。ネタを終えた後に手応えや確信はありましたか?

じゅぴのり「(準優勝の初恋クロマニオンと同点で並び)銀メダル確定の時点で『よくやったな』という気分でした。敗者復活戦を勝ち抜いて本選に進むと、(本選のコントと漫才計2本と合わせて)とにかくテレビで1日3本ネタができるんですよ。なので敗者復活の時点で万々歳でした」

けいたりん「本選のコントで3位につけた時点で、上出来だなと思っていました。ここから順位が落ちなければいいなと」

じゅぴのり「優勝決まった時はきょとん、という感じでした」

けいたりん「まさか、みたいな」

―プロパン7さんは、コントの印象が強いです。

じゅぴのり「コントの方が自信ありました。O-1グランプリ(OTV主催のお笑い賞レース)もコントで出ていましたし、ここ2年ぐらい漫才はしっかり作ったことなくて、苦手意識のようなものは少しありました」

けいたりん「バイアスロンは必ず漫才もやらないといけないというルールがある意味で“競技”のようです」

―敗者復活のネタは、高校野球のネタでした。

じゅぴのり「今年は甲子園が無かったじゃないですか。みなさん甲子園を見たいのではないかと思って。そこで一つぐっとつかもうという狙いはありました」

けいたりん「敗者復活のこのネタに一番勝負をかけていました。あそこで負けていたら一気に他のネタができなくなるので、復活が決まって一気に解放されました」

けいたりん「僕ら2人とも那覇高校の野球部だったんですよ。ネタ中に出てくる滑舌の悪い伝令部員は、実際にいた同級生をモデルにしてキャラを作りました」

じゅぴのり「僕は2年間キャッチャーやっていたんですけど腰痛めて、最後はセカンド守っていたんですけど、その時にセカンドとキャッチャー同士交代したのが、その同級生でした」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3 4

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  2.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  3.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で優勝を決めている琉球ゴールデンキングスが、今季あ…
  4.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
  5. 「番組を休んだ時に『おめでたじゃないの?』って言われることが結構あるんですが、できれば今後…

特集記事

  1.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
  2.  ゴールデンウィーク(GW)に突入した。2年ぶりに「まん延防止等重点措置」などの活動制限の…
  3.  なぜ、ここまで強いのかー。  プロバスケットボールBリーグ1部西地区の琉球ゴールデ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ