お笑いバイアスロン覇者・プロパン7インタビュー「沖縄の笑いをブランドに」

 
じゅぴのり(左)とけいたりん(エンターサポートHPより)

結成当時から変わらぬ「自分たちがやりたいネタを」

―コンビ結成のいきさつは?

けいたりん「野球部員の何人かが、部活応援の学校行事でよくコントをやっていたんですよ。応援の名の下にコントをやっていました」

じゅぴのり「そんな時にコントをやる主要メンバーが僕らを含めて4人いたんですけど、僕ら2人が関東の大学に進学して。けいたが当時住んでいた南灯寮(沖縄県人材育成財団が運営する学生寮)のイベントでコントをしていました」

じゅぴのり「大学卒業して沖縄に戻ってきた時に、事務所に所属しないでフリーの芸人として、ライブハウスを借りてライブしていました」

けいたりん「最初は『Boycott X(ボイコットエックス)』って名前でした」

じゅぴのり「フレッシュお笑い選手権大会(演芸集団FECが主催する新人大会)に出て。5分ルールなのに8分も9分もやって。前日にけいたがネタ足してきたんですよ」

けいたりん「優勝賞金を2人で割って手にするよりは、単独ライブの気持ちで、優勝を狙わずやりたいボケを詰め込んで、時間オーバーしてでも観客のみなさんに見てもらおうと。とても迷惑な話ですよね」

じゅぴのり「フレッシュ史上最長と言われました」

けいたりん「優勝を狙うよりもネタをやりたいという意味では、今回のバイアスロンと発想は似ているんですよ」

―コンビ名はなぜプロパン7になったんですか?

じゅぴのり「Boycott Xからガンパウダーという名前になりました。火薬ですね」

けいたりん「(笑)」

じゅぴのり「で、ガンパウダーの次に、ガンコンマー」

けいたりん「笑いのコンマー(太ももへの膝蹴り)入れてやろうと」

じゅぴのり「コンビ名言うのが恥ずかしくて、だんだん名乗らなくなって。当時お世話になっていたライブハウスのオーナーに『名前覚えにくいから分かりやすい名前にすれば?』って言われて。ガンパウダー(火薬)とか爆発するイメージだったので、それを残しながら誰でも分かる爆発物を、と考えた時に、プロパンガスかなーと」

けいたりん「名前がプロパンガスだと、そのまますぎますよね。そのライブハウスが『G7』(那覇市の老舗ライブハウス)で。それで『G7の7を下さい』と。ちょうど7という数字に縁も感じていたんですよ。僕らは1977年生まれで、7入っていますし。昭和52年生まれで5+2=7だとか、那覇高校の49期生で49=7×7だとか、こじつけなんですけど」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

4

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の行事や観光映画などを収めた古い映像資料の修復・保存を数多く担う東京の業者がある。株…
  2.  42.195kmの道のり、厳しい坂を登り切ってのゴール。9月5日に行われた東京パ…
  3.  菅義偉首相が新型コロナウイルス対策に専念することを理由に、自民党総裁選への不出馬を表明し…
  4.  新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない沖縄。8月25日にはついに感染者数が800名を超…
  5.  沖縄が全国に実力を誇る「ハンドボール」。今回の東京オリンピック女子ハンドボール日…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告前田鶏卵大寛組国場組

特集記事

  1.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  2.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  3.  内閣府は2022年度沖縄振興予算の概算要求額を2998億円とする方針を固めた。仲井眞弘多…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ