【①与那原駅編】幻の軽便鉄道沖縄32駅全制覇の旅

 

 戦前の沖縄に実在した軽便鉄道。沖縄戦で破壊されてしまいましたが、那覇から与那原や嘉手納などを結んだ鉄道は「ケイビン」と呼ばれ県民に親しまれていました。幻の32駅すべてをオリジン所属のお笑いコンビ「しんとすけ」の首里のすけが原付にまたがり、ひとつひとつ探し訪ねて回ります。かつては県庁の嘱託職員として軽便鉄道跡地管理の仕事もしていたという「軽便鉄道芸人」がいざなう珍道中。出発進行です!

Print Friendly, PDF & Email
首里のすけ

首里のすけ

投稿者記事一覧

沖縄県首里出身のお笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当。
RBCiラジオ朝の情報番組「アップ」の月~水曜日メインパーソナリティ。
ライターとしてはウェブマガジン「おきなわマグネット」など。
主な経歴にO-1グランプリ2018優勝、お笑いバイアスロン2019銀メダルなど。QAB「こきざみぷらす」などTVでも活躍する他、司会や余興で多くのオファー実績を持つ。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  9月25日、「ゆいレール」を運行する第三セクター「沖縄都市モノレール」は、3両編成の車両…
  2.  “沖縄の新たなエンターテインメント”を開拓すべく旗揚げから8年目を迎えた「琉球ドラゴンプ…
  3.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
  4.  15世紀の琉球で誕生したともいわれる空手。県が掲げる「沖縄空手振興ビジョン」によると、世…
  5.  華やかな松坂世代が誕生した1998年、沖縄最強のチームと言われながら、甲子園で1勝もでき…

特集記事

  1.  2021年3月に落成予定を控える最大1万人が収容可能な沖縄市の「沖縄アリーナ」。沖縄市の…
  2. 沖縄鉄軌道 沖縄ニュースネット
    「2019年度末に着工できるよう、取り組みを加速していく」  7年前、当時の仲井真弘…
  3.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 次の記事へ