【⑥国場駅編】幻の軽便鉄道沖縄32駅全制覇の旅

 

「軽便鉄道芸人」というニッチな新ジャンルを開拓しつつあるお笑いコンビ「しんとすけ」の首里のすけ。戦前に実際に使用されていた「軽便鉄道のコンクリート製枕木」が旧国場駅周辺にあると知り、地図の示す場所に向かいますがなかなか見つかりません。ところが意外な場所に戦前の枕木は埋まっていました!
首里のすけが「攻略本」と呼ぶ書籍「歩いてみよう!おきなわ軽便鉄道マップ」(おきなわ散策はんじゃ会 編さん)を頼りに今回も歴史を探し回ります。

Print Friendly, PDF & Email
首里のすけ

首里のすけ

投稿者記事一覧

お笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当。芸能事務所オリジンコーポレーション代表。RBCiラジオ朝の情報番組「アップ」の月~水曜日メインパーソナリティ。
主な経歴にコンビとしてO-1グランプリ2018優勝など。テレビラジオのほか、司会や余興で多くのオファー実績を持つ。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  県振興推進委員会は29日、新たな沖縄振興計画の骨子案を決定した。県土の方向性として、「地…
  2.  沖縄民謡とシンセサイザーを融合した音楽を作詞作曲、CMや番組のテーマ曲などを提供し、リゾ…
  3.  2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た"冬の沖縄"を素直な視点で描い…
  5.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ