「サッカーが日常」になるために FC琉球が沖縄の子供たちに夢を

 

 男の子のなりたい職業ランキングの第1位といえば、長年プロスポーツ選手だ。中でもサッカーと野球が人気を二分する。プロ野球のテレビ地上波中継がほぼなくなる一方で、サッカーは日本代表が常にワールドカップ予選を通過、世界で日本人選手が活躍していることもあり、ぐんぐんと人気があがっている。とはいえ、沖縄ではまだまだ高校野球の人気が絶大であり、高校サッカーの話題は多くはない。

 そんな中、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球は、小さな頃からサッカーに親しんでもらいサッカー人口を増やそうと、沖縄の各地を回り「はじめてのサッカーまつり」を数年前から始めている。これは3歳から小学4年生までで、サッカーを初めて体験する子供たちを対象に、サッカーを知ってもらおう、興味を持ってもらおうと行っているものだ。

まずは「しつけ」から

 FC琉球は県民と共に成長していくことをモットーとして2003年に創設。2014年にJリーグに加盟し19年にJ2に昇格したチームだ。地域貢献とサッカー普及のために、沖縄の各地(現在嘉手納〜糸満)ではじめてのサッカーを行っている。そこで、10月24日、豊見城市民体育館で行われた「はじめてのサッカーまつりIN豊見城」で話を聞いた。

ボールの上に足を交互にのせるゲーム

 「FC琉球はじめてのサッカー」に参加するちびっこたちを教えるのは、下部組織に位置するスクールのコーチや、トップチームの通訳(ブラジル人)などである。小学1年生〜4年生部門を拝見させていただくと、参加した15名のうち、全くの初めては3分の1ほどで、半数以上は何かしらサッカーに触れたことがある子供たちだった。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  「このままでは、沖縄の貨物ハブに未来はない」  全日本空輸(ANA)の幹部…
  2.  9月25日、「ゆいレール」を運行する第三セクター「沖縄都市モノレール」は、3両編成の車両…
  3.  “沖縄の新たなエンターテインメント”を開拓すべく旗揚げから8年目を迎えた「琉球ドラゴンプ…
  4.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
  5.  15世紀の琉球で誕生したともいわれる空手。県が掲げる「沖縄空手振興ビジョン」によると、世…

特集記事

  1.  「このままでは、沖縄の貨物ハブに未来はない」  全日本空輸(ANA)の幹部…
  2. 沖縄鉄軌道 沖縄ニュースネット
    「2019年度末に着工できるよう、取り組みを加速していく」  7年前、当時の仲井真弘…
  3.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ