「サッカーが日常」になるために FC琉球が沖縄の子供たちに夢を

 

 男の子のなりたい職業ランキングの第1位といえば、長年プロスポーツ選手だ。中でもサッカーと野球が人気を二分する。プロ野球のテレビ地上波中継がほぼなくなる一方で、サッカーは日本代表が常にワールドカップ予選を通過、世界で日本人選手が活躍していることもあり、ぐんぐんと人気があがっている。とはいえ、沖縄ではまだまだ高校野球の人気が絶大であり、高校サッカーの話題は多くはない。

 そんな中、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球は、小さな頃からサッカーに親しんでもらいサッカー人口を増やそうと、沖縄の各地を回り「はじめてのサッカーまつり」を数年前から始めている。これは3歳から小学4年生までで、サッカーを初めて体験する子供たちを対象に、サッカーを知ってもらおう、興味を持ってもらおうと行っているものだ。

まずは「しつけ」から

 FC琉球は県民と共に成長していくことをモットーとして2003年に創設。2014年にJリーグに加盟し19年にJ2に昇格したチームだ。地域貢献とサッカー普及のために、沖縄の各地(現在嘉手納〜糸満)ではじめてのサッカーを行っている。そこで、10月24日、豊見城市民体育館で行われた「はじめてのサッカーまつりIN豊見城」で話を聞いた。

ボールの上に足を交互にのせるゲーム

 「FC琉球はじめてのサッカー」に参加するちびっこたちを教えるのは、下部組織に位置するスクールのコーチや、トップチームの通訳(ブラジル人)などである。小学1年生〜4年生部門を拝見させていただくと、参加した15名のうち、全くの初めては3分の1ほどで、半数以上は何かしらサッカーに触れたことがある子供たちだった。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  2.  コロナ禍で去年は中止となった全国高校野球選手権沖縄大会は、18日に決勝戦が行われ、65校…
  3.  任期満了に伴い、7月11日に投開票された那覇市議会議員選挙では、40の議席を巡って63人…
  4.  任期満了に伴う那覇市議選(定数40)が11日に投開票された。「オール沖縄」を標榜し城間幹…
  5. 20210612_県「総合的に判断する」緊急事態宣言の是非で-1
     5月23日にスタートした今回の緊急事態宣言。当初は6月20日の解除を目指して、小中高校の…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組国場組前田鶏卵琉球海運_広告

特集記事

  1.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  2.  沖縄県金融広報委員会(事務局・日銀)が2019年に全国を対象に実施した金融リテラ…
  3.  亜熱帯の森に希少な固有種が多数生息する奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島について、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ