くるくる無重力!?「ラート」の世界を広げる~上地陽史さん~

 

 100年近く前にドイツで生まれた体操競技「ラート」。鉄やステンレスなどでできた2つの輪をつなげた器具で演技する。国内の競技人口は500人ほどで多いとは言えないが、ラートの持つ魅力を広めたいと沖縄で活動を続ける男性がいる。

無重力「かぎやで風」

 結婚披露宴など沖縄のおめでたい席では定番の舞踊「かぎやで風」。その祝宴の全視線を集めた男性が上地陽史(うえちようじ)さん。競技歴10年余りのラートを巧みに操り”無重力”の踊りを披露。SNS上でも話題となった。


 日本では1980年代にニュースポーツとして紹介されたラート。その際、琉球大学にも持ち込まれ、現在も琉大体操部が最も力を入れている
 競技で県内のプレイヤーは20人ほど。琉大体操部員と卒業生が占めていて上地さんもOBの一人だ。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  2.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  3.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で優勝を決めている琉球ゴールデンキングスが、今季あ…
  4.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
  5. 「番組を休んだ時に『おめでたじゃないの?』って言われることが結構あるんですが、できれば今後…

特集記事

  1.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
  2.  ゴールデンウィーク(GW)に突入した。2年ぶりに「まん延防止等重点措置」などの活動制限の…
  3.  なぜ、ここまで強いのかー。  プロバスケットボールBリーグ1部西地区の琉球ゴールデ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ