くるくる無重力!?「ラート」の世界を広げる~上地陽史さん~

 

 100年近く前にドイツで生まれた体操競技「ラート」。鉄やステンレスなどでできた2つの輪をつなげた器具で演技する。国内の競技人口は500人ほどで多いとは言えないが、ラートの持つ魅力を広めたいと沖縄で活動を続ける男性がいる。

無重力「かぎやで風」

 結婚披露宴など沖縄のおめでたい席では定番の舞踊「かぎやで風」。その祝宴の全視線を集めた男性が上地陽史(うえちようじ)さん。競技歴10年余りのラートを巧みに操り”無重力”の踊りを披露。SNS上でも話題となった。


 日本では1980年代にニュースポーツとして紹介されたラート。その際、琉球大学にも持ち込まれ、現在も琉大体操部が最も力を入れている
 競技で県内のプレイヤーは20人ほど。琉大体操部員と卒業生が占めていて上地さんもOBの一人だ。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  2.  コロナ禍で去年は中止となった全国高校野球選手権沖縄大会は、18日に決勝戦が行われ、65校…
  3.  任期満了に伴い、7月11日に投開票された那覇市議会議員選挙では、40の議席を巡って63人…
  4.  任期満了に伴う那覇市議選(定数40)が11日に投開票された。「オール沖縄」を標榜し城間幹…
  5. 20210612_県「総合的に判断する」緊急事態宣言の是非で-1
     5月23日にスタートした今回の緊急事態宣言。当初は6月20日の解除を目指して、小中高校の…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵琉球海運_広告大寛組国場組

特集記事

  1.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  2.  沖縄県金融広報委員会(事務局・日銀)が2019年に全国を対象に実施した金融リテラ…
  3.  亜熱帯の森に希少な固有種が多数生息する奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島について、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ