くるくる無重力!?「ラート」の世界を広げる~上地陽史さん~

 

 100年近く前にドイツで生まれた体操競技「ラート」。鉄やステンレスなどでできた2つの輪をつなげた器具で演技する。国内の競技人口は500人ほどで多いとは言えないが、ラートの持つ魅力を広めたいと沖縄で活動を続ける男性がいる。

無重力「かぎやで風」

 結婚披露宴など沖縄のおめでたい席では定番の舞踊「かぎやで風」。その祝宴の全視線を集めた男性が上地陽史(うえちようじ)さん。競技歴10年余りのラートを巧みに操り”無重力”の踊りを披露。SNS上でも話題となった。


 日本では1980年代にニュースポーツとして紹介されたラート。その際、琉球大学にも持ち込まれ、現在も琉大体操部が最も力を入れている
 競技で県内のプレイヤーは20人ほど。琉大体操部員と卒業生が占めていて上地さんもOBの一人だ。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  「このままでは、沖縄の貨物ハブに未来はない」  全日本空輸(ANA)の幹部…
  2.  9月25日、「ゆいレール」を運行する第三セクター「沖縄都市モノレール」は、3両編成の車両…
  3.  “沖縄の新たなエンターテインメント”を開拓すべく旗揚げから8年目を迎えた「琉球ドラゴンプ…
  4.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
  5.  15世紀の琉球で誕生したともいわれる空手。県が掲げる「沖縄空手振興ビジョン」によると、世…

特集記事

  1.  「このままでは、沖縄の貨物ハブに未来はない」  全日本空輸(ANA)の幹部…
  2. 沖縄鉄軌道 沖縄ニュースネット
    「2019年度末に着工できるよう、取り組みを加速していく」  7年前、当時の仲井真弘…
  3.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ