喜名監督を解任 最下位に沈むサッカーJ2のFC琉球

 
喜名哲裕監督

 サッカーJ2のFC琉球は6月8日、6日付けで喜名哲裕監督(45)との契約解除を決定したことを発表した。後任が決定するまでの期間は倉貫一毅ヘッドコーチが監督を務め、暫定的に指揮を執る。

 昨季はクラブの過去最高成績である9位(18勝13敗11分)と躍進した琉球だが、今季は42試合中20試合を消化した時点で3勝11敗6分となっており、22位と最下位に沈んでいる。年間順位の下位2チームはJ3に自動降格するため、厳しい状況が続く。

 特に総失点数39はリーグ最多で、守備に大きな課題を抱えている。直近の試合となる6月5日のモンテディオ山形とのアウェー戦でも0-4と大量得点を許し、黒星を喫していた。

「結果を出せず強く責任を感じる」

 喜名氏は1976年12月生まれで、那覇市出身。小禄中学、那覇西高校卒。選手として名古屋グランパスやFC東京などを渡り歩き、2011年からWウィング沖縄JFCの監督を皮切りに指導者の道に入った。17年からFC琉球のヘッドコーチを務め、昨季途中の21年10月に前任の樋口靖洋氏の解任に伴い、監督に就任した。

 解任を受けた喜名氏のコメント全文は以下。

 「J1昇格という目標を掲げた中、思うような結果を出せなかったことに強く責任を感じております。ただ選手やコーチングスタッフ、クラブスタッフと一枚岩となり戦えたことは本当に誇りに思います。そしてどんな時も熱い応援をしてくださったサポーターの皆さんに心から感謝いたします。このような形でチームを離れる事は非常に心残りですが、大好きなこのチームの更なる発展を心から願っております。6年間、本当にありがとうございました」

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ