JTA中間決算、26年ぶりの赤字  新型コロナの影響で旅客数が大幅減

 
写真=2021年3月期の中間決算を発表するJTAの青木社長=30日、那覇市

 日本トランスオーシャン航空(JTA 青木紀将社長)は10月30日、2021年3月期の中間決算を発表した。売上収益は前年同期比65.8%減の78億円、営業損益は62億円の赤字(前年同期は54億円の黒字)、経常損益は62億円の赤字(同55億円の黒字)、純損益は43億円の赤字(同40億円の黒字)となった。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、4月~9月の旅客輸送実績が前年同期から80.6%減少したことなどが影響した。

赤字幅は過去最大

 新型コロナウイルスは、航空業界の業績に深刻な影響を及ぼしている。JTAが所属するJALグループは同日、2020年度通期の業績見通しとして、連結純損益が2400億円~2700億円の赤字(前期は534億円の黒字)と発表した。ANAグループが27日に発表した見通しでも、20年度は連結純損益で5100億円の赤字(同276億円の黒字)となっている。

 JTAの中間決算が赤字となるのは1995年3月期以来で、赤字幅は過去最大。通期の業績について、同社は「新型コロナの影響は依然、不透明な状況。現時点では見通しを公表できる状況ではない」とした。

 沖縄に入域する観光客数は、今年度の上半期は前年同期比81.8%減の97万3100人で、昨年8月単月の102万1200人をも下回った。JTAの中間決算で、売上収益のうち8割を占める旅客収入は前年同期比80.8%減の59億円。観光客減の影響を強く受けたと言える。

下半期は黒字化目指す

 青木社長は「お客様の数は、緊急事態宣言が出たゴールデンウィークを底に6月、7月と需要が回復したが、8月に県独自の緊急事態宣言で1カ月間需要が落ち込んだ。(ただ、)10月のGoToトラベルキャンペーンを契機に回復基調にある」と述べた。同社は、旅客の回復基調を受け、下半期での黒字化を目指したいとしている。

 営業費用は、同20.0%減の140億円。上半期で計画していた約1万3120便のうち41%を減便し、燃料費などの変動費を前期比23%(21億円)削減した。人件費などの固定費も、賞与係数見直しによる人件費抑制などで同16%(13億円)削減した。

 青木社長は「地元沖縄の公共交通機関として、生活路線を最低限維持し、島の特産品が滞留しないよう貨物臨時便も飛ばした。県大会で離島から本島へ移動する球児のためにチャーター便も運航した。地元『沖縄の翼』として、最低限の役割を果たすことはできたと認識している」と語った。

 同社は、21年4月新規採用は中止している。雇用の削減は計画しておらず、路線減も想定していないという。

(写真・記事 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ