東京五輪卓球代表の張本と選手契約 琉球アスティーダ

 

 卓球Tリーグ男子の琉球アスティーダが、日本代表エースの張本智和=日本大学高校ー早稲田大学=と選手契約を締結した。昨夏の東京五輪では日本の団体銅メダル獲得に大きく貢献した。契約は3年契約。

王者返り咲きへ 「とてもワクワクしている」

 張本は宮城県出身の18歳。身長176センチ。戦型は右シェークドライブ。ジュニアの頃から注目を集め、全日本選手権やワールドツアーで優勝を経験するなど輝かしい功績を残してきた。世界ランキングの最高位は3位。

 今春から早大に進学し、これまで所属していたTリーグの木下マイスター東京とは契約が終了。4月には自身のSNSでドイツリーグの「ノイ・ウルム」への加入も発表しており、欧州チャンピオンリーグとTリーグの両リーグに参戦する形となる。

 球団を通して発表したコメントは以下の通り。

 「琉球アスティーダは3rdシーズンのチャンピオンであり、強いだけでなくチームの雰囲気もとてもいいと感じていました。そのチームの一員になれることに、今からとてもワクワクしています。5thシーズンで琉球アスティーダがTリーグチャンピオンに返り咲くために、僕もチームの一員として貢献できるように全力で頑張りたいと思います」

パリ五輪の金メダル獲得をサポート

 球団は入団記念として、張本にクラブトークン「アスティーダトークン」を送り、試合でも付与する。クラブトークンはオンライン上でのファンサービスやクラブ応援ツールとして注目され、欧州サッカーの名門バルセロナFCやユベントスなどが導入して注目を集めているという。アスティーダによると、プロ卓球チームでは世界初の試み。

 アスティーダの早川周作代表は張本の入団が「4年越しの念願」だったと明かした上で「チームの王座奪還はもちろん、パリ五輪で金メダル獲得に向けて張本選手を全身全霊でサポートしてまいります」とコメントした。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  2. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  3.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  4.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…
  5.  年末が差し迫ってきて「そろそろ大掃除の時期だな…」と感じ始めている人も多くなっている今日…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ