組織や個人の伴走者「ファシリテーター」ってどんな仕事?

 

気付き、実行する力が未来を切り開く

 沖縄の社会課題は山積している。特に貧困と教育の問題は相関関係にもあり、負のスパイラルから抜け出せられない家庭も多い。自己肯定感を高めて「自責思考」を深める重要性を、沖縄の子どもたちにも向ける。

 「自発的にたくさんの情報を吸収し、学び、自助努力できるスキルがあれば、たとえ家庭環境が悪くても将来を覆せると思うんです。でも、そんな姿勢を持つこと自体が難しい。『自分がやることで可能性を広げる』『やれば変わる』という次の一歩を踏み出せる力があれば、解決できることも増えるはずです」

 ただ「すぐに解決を目指さなくても良いんです」と言う。北村さんは続ける。「“解決を目指すという気持ち”そのものに価値があります」

 自分で前に進む力や自信があれば、とにかく未来を切り開く推進力になる。その推進力を生み出せるエンジンを、対話で引き出すことが重要なのだ。

 「誰かがその日、最後に笑ってもらうのが好きなんですよ。最初どんなに疲れた顔で来ていたとしても」

 相手が笑顔になるまで、答えにたどり着いてもらえるまで、近道厳禁、焦らずゆっくり。ファシリテーター・北村さんは、問いを重ねて相手の気付きを引き出している

北村ファシリテーション事務所
https://kitamuramasaki.com/

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  3.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
  4. 「やっと外で飲めた~」「お店での生ビールは格別!乾杯ー!!」  10月2日の夕暮れ時…
  5.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組前田鶏卵大寛組琉球海運_広告

特集記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  3. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ