組織や個人の伴走者「ファシリテーター」ってどんな仕事?

 

基本は忌憚なく話し合える環境作り

 参加者が円形になって全員の顔が見えるようにすることで、フラットに話し合える状況を作るなど、少しの工夫で会議の場は様変わりするという。

 忌憚なく意見を出し合うためには、こんな工夫もある。付箋紙だ。

 新人や若年者など、堂々と意見を表明しづらいであろう人の声も吸い上げるため、参加者全員に付箋紙へ意見やアイデアを書いてもらうことで、誰の意見でもほぼ平等に議論のテーブルに乗せることができる。

実際のミーティングで使われた付箋紙(提供)

 「話をしている本人でさえ、この内容が『意見』なのか『事実』なのか分からなくなっている時があります」

 そんな状態を打開するために必要なのが、イエスかノーかで答えられる問い(クローズド・クエスチョン)と、「なぜ」「何を」「いつ」「どのように」など相手が自由に答えられる問い(オープン・クエスチョン)を適切に重ねて、相手を導いていく“問いかけ術”だ。

 「一緒に(参加者の)頭の中を整理整頓していきます」と北村さん。

 どのような課題があって、どのような対策だったらすぐに取り組めそうなのかなど“さまざまな対話の場づくりの手法”(ホール・システム・アプローチ)を活用して具体的に浮彫りにしていく。

主体的に考え行動する「自責思考」を

 北村さんは一貫する。「他責思考」を、主体的に考え行動する「自責思考」にシフトさせることこそ本当の意味の助けになる、と。

 それは、自身が「自発的になった人々が地域を変えた」という現場を見てきた実体験に裏打ちされている。ファシリテーターとして独立する前、沖縄県糸満市のある集落で地域おこしに関わっていた時だ。

 住民たちは地域に改善すべき点があることは漠然と分かっている。けれども特に誰かが対策に動く訳ではなかった。聞こえるのは愚痴ばかりだった。

 北村さんが企画立案を行い、課題の整理を重ねていった。「その時はファシリテーションなんて意識はありませんでしたけどね」

 集落内の川には市内外から人が集まり、ポイ捨てや違法駐車、安全対策などが問題となっていることが浮き彫りになってきた。地域の人々は、子どもたちも巻き込んでこのような看板を作り、設置した。

 「飛び込みはやめよう」「石、カン、ビンを投げ入れない」「ゴミは各自で持ち帰ろう」

 こうやって主体的な行動を起こし、成果を出したことで「自責思考」を育んでいった人々は、積極的に地域にかかわりを持つようになった結果、翌年には公民館で野菜市や祭りを開催するに至っていた。

 集落は県から「人々の営みが感じられる農山漁村、地域の特色が反映され調和の取れている集落」と認められ、2015年度の「『沖縄、ふるさと百選』集落部門」に選ばれた。

 「あんだけ愚痴ばっかり言っていたのに『自分たちでなんとかしよう』って動き始めたんですよ。こうやってみなさんが一体感を持ってもらえて、そのプロセスに関われたのが、本当に面白かったです。グッと来ました。最高じゃないですか」

 ファシリテーション的なアプローチが功を奏した。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  3.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
  4. 「やっと外で飲めた~」「お店での生ビールは格別!乾杯ー!!」  10月2日の夕暮れ時…
  5.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組琉球海運_広告前田鶏卵大寛組

特集記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  3. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ