琉球銀行、2期ぶり減収減益 2021年3月期決算

 

 琉球銀行(川上康頭取)は、このほど2021年3月期の連結決算を発表した。売上高にあたる経常収益は前期比8.7%減の572億7800万円、経常利益は同44.4%減の38億4400万円で、2期ぶりの減収減益となった。当期純利益は同47.9%減の25億7900万円で、過去5年間で最低水準となった。

 経常収益の減少は、住宅ローンに係る手数料収入が増える一方で、国債等債権売却益や金融派生商品収益の減少によるもの。経常利益は与信費用の増加が影響した。

 川上頭取は、新型コロナウイルスの感染拡大が与えた影響について「20年度は景気が悪くなると想定していたが、ショックの大きさが想定以上であったことは間違いない。中長期的な意味での景気回復は大丈夫だと思っているが、足元は想定を上回るインパクトだった」と述べた。 

 その上で、「今決算で、引き当て金を含めて備えはできた。次年度以降は、あまり大きなわれわれの業績に対するダメージはないと思っている。これから回復過程に入る」との認識を示した。

 銀行単体の経常収益は、前期比12.0%減の373億7700万円で、経常利益は同57.3%減の22億9500万円。本業のもうけを示すコア業務純益は、同10.8%減の59億8700万円となった。

 貸出金残高は、新型コロナ関連の資金繰り支援などにより前期比3.04%増の1兆7987億円。一方で、貸出金利回りは、同0.05ポイント低下し、1.49%となった。

 預金残高は同10.38%増の2兆4911億円で、新型コロナ関連の資金繰り支援や定額給付の支給などにより残高は個人・法人ともに大幅に増加した。

 22年3月期の連結業績予想は、経常利益は前期比71.7%増の66億円。当期純利益は同78.4%増の46億円を見込んだ。

2021年3月期決算を発表する琉銀の川上康頭取=13日、那覇市の琉球銀行本店

 川上頭取は「ワクチン次第だと思っている。年度の中頃からはワクチンが普及して、徐々に景気が回復するというシナリオを持っている」との見通しを示した。

(記事・写真・図 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  2. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  3.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  4.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…
  5.  年末が差し迫ってきて「そろそろ大掃除の時期だな…」と感じ始めている人も多くなっている今日…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ