県内景況2カ月連続で上方修正  日銀那覇支店「持ち直しの動きがみられる」

 
12月の県内金融経済概況を発表する日銀那覇支店の一上響支店長=9日、那覇市の日本銀行那覇支店

 日本銀行那覇支店(一上響支店長)は9日、12月の県内金融経済概況(主要指標10月)を発表した。足元の県内景気について、引き続き厳しい状況にあるとしながらも、「持ち直しの動きがみられる」として景況判断を2カ月連続で上方修正した。

 一上支店長は景気全体の判断を「県の主要産業である観光に関する判断と全く同じ」と述べた上で、観光について「10月からGoToトラベルに東京発着が追加された影響などで、11月もリゾートホテルを中心にさらに回復したという話が聞かれている。観光を起点とした波及効果を含めた上で判断した」と述べた。

 県が発表している10月の入域観光客数は34万1200人。前年同月比では約6割の減少だが、今年9月の入域観光客数22万7600人と比べれば1.5倍に増加している。同支店の調査でも、県内主要ホテルの稼働率は10月に44.4%となり、9月に比べて16.4ポイント上昇した。

雇用・所得情勢は下方修正

 一方、同支店は、雇用・所得情勢については「ひと頃に比べて悪化している」との表現に変更し、これまでの「悪化しつつある」との判断から4カ月ぶりに下方修正した。

 新型コロナウイルスの影響を受け、昨年10月に1.34倍だった県内有効求人倍率(就業地別)は、今年9月には0.71倍まで低下。10月には0.73倍とわずかに上昇したものの、厳しい状態が続いている。完全失業率も(季調済)も、10月は前年同月比1.12ポイント悪化の3.76%まで上昇した。

 一上支店長は、雇用・所得情勢では「ここ数カ月をならしてみると、悪化していることが明確になっている」との見解を示した。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」が世界自然遺産に正式決定する見通しだ。そのう…
  2.  6月末の沖縄県議会で、県立中部病院で発生した新型コロナウイルスのクラスターについての公表…
  3.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  4.  コロナ禍で去年は中止となった全国高校野球選手権沖縄大会は、18日に決勝戦が行われ、65校…
  5.  任期満了に伴い、7月11日に投開票された那覇市議会議員選挙では、40の議席を巡って63人…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組琉球海運_広告国場組前田鶏卵

特集記事

  1.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  2.  沖縄県金融広報委員会(事務局・日銀)が2019年に全国を対象に実施した金融リテラ…
  3.  亜熱帯の森に希少な固有種が多数生息する奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島について、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ