SNSマーケ、フォロワー数重視はもう古い?鍵はコアファン層(株)AIENKIEN

 

 各企業がこぞってマスメディア広告からWEB広告へシフトする中、SNS戦略の重要度はますます高まっている。企業は公式アカウントで自社商品やサービスをPRするキャンペーンを打ち出すなど顧客の獲得に必死だ。

 そんな中、従来型のWEB/SNSマーケティングとは一線を画す「ファン創り」を軸としたWEB/SNSマーケティング支援に沖縄で唯一乗り出したのが株式会社AIENKIEN(那覇市、平木宏空代表)だ。企業顧客の中から、その企業のファンを見つけ出し、継続的にサービス・商品を購入する「コアファン」に育てることで企業を支援している。従来のWEB/SNSマーケティングとは何が違うのか?同社の中山拓也取締役に聞いた。


 財全GROUP PRESENTS「Build The Future」。本特集では、財全GROUPが沖縄の未来を築く輝かしい人びとを紹介しています。

ファン創りマーケティングとは? 

 「ファン創りマーケティング」とは、LINE、Instagram、Twitter、FacebookなどのSNSを活用し、企業の潜在顧客の醸成や顧客の可視化などに取り組む手法だ。「ファン」とは業界によって「リピーター」「ロイヤルカスタマー」「アンバサダー」などとも呼ばれる。同社はファンの存在が企業にもたらしてくれることとして①売上向上②広告宣伝費の減少③ブランディング―を掲げている。

 中山さんによると、一般的に売上の約8割はファンが作っていると言われており、企業にとっては「新規顧客獲得コスト」は「ファンの消費行動を促すコスト」より約5倍もかかるという。また、コアなファンからは事業の可能性を広げる新しい情報や、サービス・商品の改善に直結する意見を吸い上げることも出来るため、企業の繁栄に欠かせない存在だ。

 「SNSは炎上が怖い」と慎重な姿勢を見せる企業もいるが、中山さんは「逆に商品やサービスを好んで利用するファンが炎上を抑えてくれることもある」と市場におけるブランディング効果にも期待する。

ファンの大切さを説く中山取締役
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  初めて出場した九州地区大学野球選手権南部九州ブロック決勝トーナメントで初勝利を納め、準決…
  2.  奄美大島勢初の快挙。第149回九州高校野球鹿児島大会(県高野連主催、朝日新聞社など後援)…
  3. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  4. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  5.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告大寛組前田鶏卵国場組

特集記事

  1.  11日に東京都内であったプロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)。沖縄出身選手では亜細…
  2. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  3.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ