SNSマーケ、フォロワー数重視はもう古い?鍵はコアファン層(株)AIENKIEN

 

 各企業がこぞってマスメディア広告からWEB広告へシフトする中、SNS戦略の重要度はますます高まっている。企業は公式アカウントで自社商品やサービスをPRするキャンペーンを打ち出すなど顧客の獲得に必死だ。

 そんな中、従来型のWEB/SNSマーケティングとは一線を画す「ファン創り」を軸としたWEB/SNSマーケティング支援に沖縄で唯一乗り出したのが株式会社AIENKIEN(那覇市、平木宏空代表)だ。企業顧客の中から、その企業のファンを見つけ出し、継続的にサービス・商品を購入する「コアファン」に育てることで企業を支援している。従来のWEB/SNSマーケティングとは何が違うのか?同社の中山拓也取締役に聞いた。


 財全GROUP PRESENTS「Build The Future」。本特集では、財全GROUPが沖縄の未来を築く輝かしい人びとを紹介しています。

ファン創りマーケティングとは? 

 「ファン創りマーケティング」とは、LINE、Instagram、Twitter、FacebookなどのSNSを活用し、企業の潜在顧客の醸成や顧客の可視化などに取り組む手法だ。「ファン」とは業界によって「リピーター」「ロイヤルカスタマー」「アンバサダー」などとも呼ばれる。同社はファンの存在が企業にもたらしてくれることとして①売上向上②広告宣伝費の減少③ブランディング―を掲げている。

 中山さんによると、一般的に売上の約8割はファンが作っていると言われており、企業にとっては「新規顧客獲得コスト」は「ファンの消費行動を促すコスト」より約5倍もかかるという。また、コアなファンからは事業の可能性を広げる新しい情報や、サービス・商品の改善に直結する意見を吸い上げることも出来るため、企業の繁栄に欠かせない存在だ。

 「SNSは炎上が怖い」と慎重な姿勢を見せる企業もいるが、中山さんは「逆に商品やサービスを好んで利用するファンが炎上を抑えてくれることもある」と市場におけるブランディング効果にも期待する。

ファンの大切さを説く中山取締役
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  2.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  3.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で優勝を決めている琉球ゴールデンキングスが、今季あ…
  4.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
  5. 「番組を休んだ時に『おめでたじゃないの?』って言われることが結構あるんですが、できれば今後…

特集記事

  1.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
  2.  ゴールデンウィーク(GW)に突入した。2年ぶりに「まん延防止等重点措置」などの活動制限の…
  3.  なぜ、ここまで強いのかー。  プロバスケットボールBリーグ1部西地区の琉球ゴールデ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ