沖縄県景況「持ち直しの動き」 日銀那覇8カ月ぶり上方修正

 
12月県内金融経済概況を発表する日銀那覇支店の飯島浩太支店長=8日、日本銀行那覇支店

 日本銀行那覇支店(飯島浩太支店長)はこのほど、2021年12月の沖縄県内の金融経済概況(主要指数は10月)を発表した。同支店は、県内景気について「引き続き厳しい状況にあるが、持ち直しの動きがみられる」として8カ月ぶりに上方修正したほか、項目別の観光と個人消費でも判断を引き上げた。

 飯島支店長は、景気判断を引き上げた理由として「10月に緊急事態宣言が解除された後、各種の行動制限も緩和された。新型コロナの新規感染者数が抑制された状況が続いており、観光や外食などのサービス商品では、持ち直しの動きがみられている」と説明した。

 先行きについては、今後も感染症の影響が和らいでいけば、持ち直しの動きが観光や外食でより明確になっていくとの期待感を示しながらも、「今後の感染症動向次第という面がある。不確実性が大きく、動向を注視していきたい」との認識を示した。 

 項目別では、10月の主要ホテル客室稼働率が新型コロナウイルスの感染拡大前となる2019年と比べマイナス幅が縮小したことや、11月の速報値も51.2%に上昇して昨年同月以来の水準となったことから、観光で「持ち直しの動きがみられる」と判断を引き上げた。

 県内主要ホテルの客室稼働率は、2019年は70~80%で推移したものの、新型コロナウイルスの感染が拡大した20年3月から急落。GoToトラベル事業の対象に東京が追加された後の昨年11月は約50%に回復したが、その後は感染再拡大と同事業の一斉停止などで20~30%と低迷していた。

 飯島支店長は、直近2カ月のホテル稼働率上昇について「特定の地域が押し上げているのではなく、全体的に稼働率は高まってきている」との認識を示した。その上で、「(県内旅行や那覇市の宿泊施設を支援する) 『おきなわ彩発見キャンペーン』『那覇とまーるクーポン』が観光需要の押し上げに寄与しているとの声も聞いている」と語った。

 同支店は、個人消費については、感染状況が落ち着きをみせる中で人出が回復したほか、9月まで続いていた大型商業施設に対する土日祝日の休業要請も解除され、百貨店・スーパー販売額(全店舗)が前年比5.3%増となったことなどを踏まえて、「感染症の影響による下押し圧力が続いているものの、足もとでは持ち直しの動きがみられる」と判断した。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  1月15日、16日に実施された今年の大学入学共通テスト。その傍ら、新型コロナウイ…
  2.  沖縄を代表する人気観光スポット「海洋博公園」の正式名称は「国営沖縄海洋博覧会記念公園」だ…
  3.  こんにちは。沖縄で芸歴10年目のお笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当「首里の…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう…
  5.  県内では年を越して新型コロナ感染が再拡大している。高校や特別支援学校など県立学校…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組国場組琉球海運_広告前田鶏卵

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ