東北楽天やFC琉球らの課題を新ビジネスで解決 4アイデア採択

 

 沖縄県内が本拠地であるサッカーのFC琉球、卓球の琉球アスティーダ、沖縄県内で春季キャンプを行う野球の東北楽天ゴールデンイーグルスの3チームが抱える課題を解決するビジネスアイデアを募り、社会実装・事業化を目指すプログラム「INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD OKINAWA」がこのほど開催され、6社のプレゼンの中から4社のビジネスアイデアが採択された。楽天イーグルスと地元のIT企業が組んで野球・ダンス・プログラミングを幅広く学べる場の提供など、スポーツチームが持つノウハウを生かした新ビジネスが実現に向けて走り出す。

■関連リンク
スポーツ×各産業で新ビジネス 「可能性しかない」沖縄の強みとは | HUB沖縄

FC琉球が勝つと泡盛が飲める!?

 FC琉球は課題として「スタジアムから沖縄全域・全国へ人々の交流を広げる仕掛け」を掲げ、新規サポーターの獲得につながるアイデアを募っていた。

 今回採択されたのはリアルワールドゲームス株式会社(東京都)の「琉球クリーンウォーク~沖縄の課題解決ゆいまーるのプラットフォーム~」と、OKTコミュニケーションズ株式会社(那覇市)の「AWAPASSプラットフォームを活用した、FC琉球ホームにおける秘密兵器」の2社のアイデア。

 リアルワールドゲームスは、AR技術を使ったスマホゲーム上で選手と一緒に実際の街や海のゴミを拾い、チームとファンとの絆を深めるアイデアを提示。3D地図を見ながら歩き回り、ゴミを拾った地点やゴミの種類などをユーザー同士で共有しながら、楽しく競い合える。ゲームを進めるうちに現実の街がきれいになるだけでなく、その土地の魅力発見や健康増進につながるメリットもある。

 チームにまつわるスポットを巡ると「選手カード」のアイテムコレクションができ、選手をより身近に感じることができる。

 ゲームを利用した同様の取り組みは、プロバスケ・越谷アルファーズやプロサッカー・サンフレッチェ広島ともすでに行われている。

リアルワールドゲームスが提供するARスマホゲームの一例(同社YouTubeより)

 OKTコミュニケーションズは、同社が運営する、月額600円で毎日2杯の泡盛が加盟店で飲める定額サービス「AWAPASS」を有効利用したスタジアム集客案を提示。沖縄県内に約700店舗ある加盟店にポスターを掲示するなどでFC琉球の認知度を上げながら、例えばFC琉球が試合に勝った日は3杯飲める、リーグで優勝したら1か月分の月額を無料するなどの特典を用意することによって、FC琉球の試合結果が気になっていく「ファン化装置」を提案した。

 また、試合会場への来場回数に応じて、1日あたりに利用できる泡盛が2杯から3杯、もしくはそれ以上と増える仕組みを通して、試合観戦へのきっかけづくりとする。

OKTコミュニケーションズHPより
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ