ボリビアのオキナワから沖縄へ大豆輸出 歴史上初の経済交流

 

ボリビア東部のオキナワ移住地の大豆畑(コロニア沖縄農牧総合協同組合提供)

 沖縄県出身者が戦後に開拓した、南米ボリビアの東部サンタクルス県にあるオキナワ移住地「コロニア・オキナワ」で栽培加工された20トンの全脂大豆がこのほど、石垣牛の飼料として石垣島へ出荷された。県出身者がオキナワ移住地に入植して67年経つが、文化交流以外の経済的な交流は初めて。
 ボリビアのオキナワ移住地は、壮大な畑が広がり、大豆や小麦の産地としても知られる。初輸出は、ボリビア在のISHIMA S.R.L社(那覇市出身/島袋正克代表)の貿易仲介で、石垣市で石垣牛などを生産・販売する農業生産法人ゆいまーる牧場へ輸出。同牧場の金城利憲代表の「(ボリビアの)オキナワ から沖縄へ」の強い思いで実現した。

オキナワの農協から初出荷、3月20日に到着予定

 全脂大豆とは、栄養分を損なわずに臭みを取り除く加工をしたもの。

 ゆいまーる牧場は昨年、ISHIMA S.R.L社の貿易仲介でサンタクルス市の搾油工場から大豆粕20トンを試験的に輸入したことがあったが、今回、オキナワ移住地の農協「コロニア沖縄農牧総合協同組合(略称:CAICO)」からは初めて、全脂大豆20トンを輸入することとなった。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  甲子園球場では高校野球のセンバツ大会がスタートし、球児たちの春が帰ってきた。一方…
  2. 飼い主様を探しています!見覚えのある方はDMまたは沖縄動物愛護管理センターのホームページま…
  3.  新型コロナの影響でタイトルをかけた決戦のリングにすら上がれなかったプロボクサーがいる。H…
  4.  卓球Tリーグチーム琉球アスティーダを運営する「琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社」と…
  5.  「コロナを経てライブはこれまでのように元通りになるはずがないと思う。ただし、良い意味で。…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告前田鶏卵国場組大寛組

特集記事

  1.  「コロナを経てライブはこれまでのように元通りになるはずがないと思う。ただし、良い意味で。…
  2. 「県の対応が短いスパンに基づいた判断での医療施策に偏りすぎており、宿泊業や観光関連業が取り…
  3. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ