ボリビアのオキナワから沖縄へ大豆輸出 歴史上初の経済交流

 

ボリビア東部のオキナワ移住地の大豆畑(コロニア沖縄農牧総合協同組合提供)

 沖縄県出身者が戦後に開拓した、南米ボリビアの東部サンタクルス県にあるオキナワ移住地「コロニア・オキナワ」で栽培加工された20トンの全脂大豆がこのほど、石垣牛の飼料として石垣島へ出荷された。県出身者がオキナワ移住地に入植して67年経つが、文化交流以外の経済的な交流は初めて。
 ボリビアのオキナワ移住地は、壮大な畑が広がり、大豆や小麦の産地としても知られる。初輸出は、ボリビア在のISHIMA S.R.L社(那覇市出身/島袋正克代表)の貿易仲介で、石垣市で石垣牛などを生産・販売する農業生産法人ゆいまーる牧場へ輸出。同牧場の金城利憲代表の「(ボリビアの)オキナワ から沖縄へ」の強い思いで実現した。

オキナワの農協から初出荷、3月20日に到着予定

 全脂大豆とは、栄養分を損なわずに臭みを取り除く加工をしたもの。

 ゆいまーる牧場は昨年、ISHIMA S.R.L社の貿易仲介でサンタクルス市の搾油工場から大豆粕20トンを試験的に輸入したことがあったが、今回、オキナワ移住地の農協「コロニア沖縄農牧総合協同組合(略称:CAICO)」からは初めて、全脂大豆20トンを輸入することとなった。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  3.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
  4. 「やっと外で飲めた~」「お店での生ビールは格別!乾杯ー!!」  10月2日の夕暮れ時…
  5.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組国場組琉球海運_広告前田鶏卵

特集記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  3. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ