サントリーロジスティクスが新物流拠点稼働 豊見城で4月から

 
サントリーロジスティクスの物流拠点が入居する倉庫。奥は瀬長島=豊見城市与根西原(ニュースリリースより)

 サントリーグループの物流関連業務を担うサントリーロジスティクス(大阪市)が、豊見城市与根西原で今月から新たな物流拠点を本格稼働させた。名称は「沖縄豊見城配送センター」。これまで県内で複数箇所に分散していた倉庫機能を一か所に集約することで、業務の効率化を図る。

 大和ハウス工業が手掛ける沖縄県内最大のマルチテナント型物流施設「DPL沖縄豊見城」に入居した。拠点は2階建て倉庫の2階部分で、延床面積は約8900平方メートル。グループの清涼飲料各種を取り扱う。

トラック乗務員の負担経験 環境負荷低減も

 沖縄は全国でも数少ない人口増加県であり、コロナ禍が収束すれば再び多くの観光客の来県が見込まれる。同社はセンターの稼働により、商品供給をより安定化させたい考え。倉庫機能を集約することで「在庫配置や倉庫間移動を効率化し、環境負荷低減を推進します」と説明する。

 IT技術の活用で変革を図る「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の施策として、倉庫管理システムとバース(トラックを駐車して荷物の積み下ろしするスペース)の予約システムを連携して運用する。それにより、倉庫内業務の効率化や待機時間の削減によるトラック乗務員の負担軽減、環境負荷低減を見込む。

おきなわSDGsパートナー認証受ける

 センターは沖縄県がSDGs(持続可能な開発目標)の普及啓発に意欲的な取り組みを登録する「おきなわSDGsパートナー」の認証も受けた。前出のDX施策や、安全品質の向上を目的としたフォークリフト操作のAI判定システムの導入などが評価された。

 同システムは、荷役業務の中心となるフォークリフトに360度撮影できるドライブレコーダーを装着し、映像をAIが解析することで加速度やハンドル操作の状況を確認することができる。業務の省力化や作業評価の標準化する効果があるという。

 同社は「今後も持続可能な物流の実現に向けて、物流最適化、環境負荷低減、働き方改革の推進などの取り組みをパートナー企業や地域行政との連携を深めながら進めていきます」としている。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  2.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…
  4.  9月11日は沖縄県知事選挙の投開票日。その日は他にも、県議補選(那覇市・南部離島選挙区)…
  5.  沖縄県の八重瀬町出身で、3人制バスケットボール(3×3)の元女子日本代表である伊集南さん…

特集記事

  1.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  2.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
  3.  コロナ禍に突入してもう2年半が過ぎた。「もうすぐコロナ禍が終わるはずだ」と希望を抱き続け…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ