阿麻和利と護佐丸の因縁 「勝連城」の歴史を紐解く

 
琉球グスク群の中でもファンが多い勝連城跡

 うるま市勝連の勝連城跡隣に「あまわりパーク歴史文化施設館」がオープンした。この施設は勝連城跡とその一帯を整備する「勝連城跡周辺整備事業」の一環で、今後も広大な公園や飲食もできる商業施設がオープンする予定である。

 歴史文化施設館では世界遺産に登録された勝連城跡の歴史や特徴について、また勝連城最後の城主である阿麻和利について詳しく知ることができる。2021年の12月31日までは入館および城跡への入場も無料となっており、この機会に訪れてみてほしいのだが、せっかくなので勝連城や阿麻和利についての知られざるストーリーにも興味を持ってもらいたい。

勝連城や阿麻和利についてのショートムービーも上映される「あまわりパーク歴史文化施設館」のシアター

他のグスクとは違う異色の存在感

 勝連城は築城の時期が12~13世紀頃とされ、世界遺産に登録されているグスク群の中では最古だと言われる。築城主は未だ不明だが、英祖王統(1260~1349)の時代には勝連王子という城主が実在していたことから、英祖王統時にはすでに建っていたと考えられる。

 また城内の発掘調査により、他では首里城と浦添城からしか出土が確認されていない大和系の瓦が見つかり、朝鮮や東南アジア製の陶磁器、琉球に生息するはずのないオウムの骨、さらにローマ帝国の貨幣なども発見された。

勝連城から発掘された様々な遺物が常設展示されている

 このことは、かつて勝連がいかに外国との交易を盛んに行って繁栄し、巨大な力を持っていたかを示すことに他ならない。古代歌謡集「おもろそうし」には、勝連を大和の鎌倉に例えて讃えた歌もあるほどだ。

 英祖王統時、浦添城が絶対的な政権の中心地であったにも関わらず、察度王統の始祖・察度は、周りから身分不相応とあしらわれながらも勝連按司の娘を娶り、その後一躍中山王へと上り詰めた。

 また、琉球史に頻繁に登場する「王府に屈しない島・喜界島」は、古代より勝連との関わりが深く交易の中継拠点として、同盟もしくは主従関係にあった可能性が高いとされる。それを裏付けるかのように、喜界島にはかつて勝連家が住んでいた「勝連屋敷跡」が残っている。

 もしかするとこのような他のグスクには無い異色の存在感が、後に起こる歴史的事件のきっかけになったのかもしれない。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ