安い商品を「買うだけで社会貢献」の理由 食品ロス削減ショップ

 

 プロテインが9割引きの500円、コーラ1本30円。この激安価格のお店で提供されているのは、賞味期限や破損、規格外などさまざまな理由で「まだ美味しく食べられるのに捨てられてしまう可能性のあった食品たち」だ。沖縄県内でこの食品ロス削減ショップ「ecoeat(エコイート)」を2店舗運営するのは、学習塾の運営などを行う合同会社琉人(那覇市)。「賞味期限切れの食品を売っている」と聞くと無条件に驚く人も少なくないだろう。同店は食品ロスについて正しい知識の啓発活動を行うと共に、余剰分の売上を食品ロス削減と生活困窮者支援に充てることを掲げている「買うだけで社会貢献につながるお店」だ。

まだ美味しく食べられる食品たち

ecoeat那覇与儀店

 ecoeatは、西日本を中心に全国14店舗を展開しており、そのうち沖縄県内では糸満兼城店が2020年9月に、那覇与儀店が翌21年7月にオープンした。

 食品ロス低減を目指す「NPO法人日本もったいない食品センター」(大阪府)を主幹に各地の正会員企業が運営しており、まだ美味しく食べられるのに廃棄される可能性のある食品を主にセンターが仕入れ、各店舗へと供給している。また、各店舗独自に地域の食品ロス削減のために地域の企業から独自に仕入れる商品もある。

 ここに集まる商品は、いわゆる「賞味期限切れ」の他にも、「賞味期限が間近」「生産はしているが流通がストップされた」などの理由で廃棄予定となったものばかりだ。炭酸飲料、お菓子、冷凍食品などなど。箱に積まれてやってきて、危うくゴミ扱いされるところだった食品たちは、どれもこれも、まだまだ美味しく食べられる。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  2. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  3.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  4.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…
  5.  年末が差し迫ってきて「そろそろ大掃除の時期だな…」と感じ始めている人も多くなっている今日…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ