安い商品を「買うだけで社会貢献」の理由 食品ロス削減ショップ

 

 プロテインが9割引きの500円、コーラ1本30円。この激安価格のお店で提供されているのは、賞味期限や破損、規格外などさまざまな理由で「まだ美味しく食べられるのに捨てられてしまう可能性のあった食品たち」だ。沖縄県内でこの食品ロス削減ショップ「ecoeat(エコイート)」を2店舗運営するのは、学習塾の運営などを行う合同会社琉人(那覇市)。「賞味期限切れの食品を売っている」と聞くと無条件に驚く人も少なくないだろう。同店は食品ロスについて正しい知識の啓発活動を行うと共に、余剰分の売上を食品ロス削減と生活困窮者支援に充てることを掲げている「買うだけで社会貢献につながるお店」だ。

まだ美味しく食べられる食品たち

ecoeat那覇与儀店

 ecoeatは、西日本を中心に全国14店舗を展開しており、そのうち沖縄県内では糸満兼城店が2020年9月に、那覇与儀店が翌21年7月にオープンした。

 食品ロス低減を目指す「NPO法人日本もったいない食品センター」(大阪府)を主幹に各地の正会員企業が運営しており、まだ美味しく食べられるのに廃棄される可能性のある食品を主にセンターが仕入れ、各店舗へと供給している。また、各店舗独自に地域の食品ロス削減のために地域の企業から独自に仕入れる商品もある。

 ここに集まる商品は、いわゆる「賞味期限切れ」の他にも、「賞味期限が間近」「生産はしているが流通がストップされた」などの理由で廃棄予定となったものばかりだ。炭酸飲料、お菓子、冷凍食品などなど。箱に積まれてやってきて、危うくゴミ扱いされるところだった食品たちは、どれもこれも、まだまだ美味しく食べられる。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ